ブレゲの1世紀の友情であるルーブル美術館

世界で最も古く、最大かつ最も有名な美術館の1つであるルーブル美術館には、35,000点のコレクションがあります。 これらの数万の宝の中に、ブレゲの貴重な時計も隠されています。 時計の作品は、18世紀のルーヴル美術館の装飾芸術の重要な一部です。1802年には、第2回フランス産業博覧会で、ブレゲブランドの創設者であるアブラハムルイブレゲ氏の時計の傑作のいくつかが招待されました。 ルーヴル美術館に展示中。 数年後、ルーヴル美術館の最初の「スポンサー」および最初のキュレーターであるヴィヴァントデノンは、それぞれ1810年と1811年にブレゲミニッツリピーターとブレゲセラミック時計を購入しました。 ルーブル美術館の18世紀のアートコレクションには、一連の時計の宝物が含まれています。アブラハムルイブレゲ氏は、ルーブル美術館に1830年代までに傑作シリーズの時計を提供しました。 テーブル、質問テーブルなど これらの比類のない時計の傑作と革新的な発明は、世界の傑出した時計製造ブランドとしてのブレゲの評判を確立しました。

パリクラフトミュージアム、世代を超えて受け継がれた革新的な遺伝子

パリ美術館は、工業デザインのコレクションに焦点を当てたフランスの国立博物館です。博物館は1794年に科学機器や発明品を保管するための聖地として設立され、アブラハムルイブレゲアンティークの傑作を含む時計や時計のコレクションでも有名です。博物館には、科学機器、材料、エネルギー、機械、建築、通信、輸送の7種類のコレクションが展示されています。

また、1911年にルイブレゲによって作られた複葉機が美術館と美術館(Musee des Arts etMétiers)にあります。 「ブレゲ」といえば、高級時計製造だけでなく、航空宇宙工学も考えられますが、これは世界の航空開発の先駆者であるルイブレゲ(1880〜1955)のせいです。年)。彼とアブラハムルイブレゲ(アブラハムルイブレゲ)が同じ家族の出身かどうかを尋ねたい場合、答えは間違いありません。実際、1762年にアブラハムルイブレゲ(1747-1823)がフランスに来て以来、ルイブレゲはブレゲ一家の5世代目の相続人でした。 •ブレゲのキャリアは、彼とソシエテアノニムデアトリエダビエーションルイブレゲ(ソシエテアノニムデアトリエダビエーションルイブレゲ)が設立し運営していたため、「ブレゲアビエーション」(ブレゲ・アビエーション)は、過去100年間で世界で最も重要な航空の巨人です。エンジニア兼企業マネージャーとしての彼の人生における3つの貢献は、彼を有名にするのに十分です。ヘリコプターの研究開発、軍用機の製造、および民間航空輸送システムの確立です。

日本の時計製造の歴史の起源をたどる歴史的トーク

当時、日本は江戸時代から明治時代へと移行してきましたが、スイスの時計輸出の課題は少しも減りませんでした。 昼と夜が24等分され、それぞれの等分が1時間で測定される西洋諸国の「時限法」とは異なり、日本は「時差法」を使用します(日の出と日の入りに応じて、時間、昼と夜は6つの区分に分割されます)。 日本人がスイスの時計の機械的な仕上がりにも感心しているのはこのためでもありますが、彼らはそれを時間を示すための効果的なツールというよりも「奇妙な技能」と見なす傾向があります。 時計や時計の地元の需要は非常に低く、商業施設は苦戦し、1863年7月にようやく閉鎖されました。

ゼニスが人生の流れを取り戻す舞台裏の偉業

チャールズヴェルモット(チャールズヴェルモット)はスイス出身で、彼の出生地はゼニスルロックル時計工場からわずか5マイルです。 彼のキャリアのほとんどは、ゼニスが1959年にマーテルウォッチを引き継ぎ、チャールズウィルマーが加わるまで、ゼニスのクロノグラフムーブメントの主要サプライヤーでした。 当時、チャールズウィルマーがゼニスの将来において重要な役割を果たすことで、エルプリメロムーブメントとブランド全体を終焉から救うことは誰も知りませんでした。

時計を着用してロレックスを着用し、ダンヒルを引くための戦いを描きます

タイトルはあくまでラフな表現にしたいのですが、結局のところ、私は時計のメディア人であり、何でも時計と関連付けることが大好きです。 高価な入門時計については、ロレックスデイトジャスト、オメガムーンウォッチ、ジャガー・ルクルトレベルソのいずれかを購入することを常にお勧めします。 おそらく、ある日、気まぐれにBを取り付け、パイプの爽快な喫煙感を試してみたい場合は、ダンヒルのシェルシリーズから始めることをお勧めします。

ヴァルジュームーブメントのダブルラトラパンテクロノグラフまとめ詳細説明

Valjoux 55 VBRムーブメントは、主に元のムーブメントにいくつかの異なるバリエーションがあるため、詳細な調査に値します。 たとえば、Rolex Ref。4113とUniversalの動きはわずかに異なりますが、後者はEberhardの動きとは異なります。具体的には、各関数に微妙な変更があります。 Valjoux 55 VBRムーブメントの最も基本的なバージョンは、LeonidasやMinervaなどのブランドのダブルラトラパントクロノグラフにあります。

基本的なValjoux 55 VBRの動きは、Venusの動きとはかなり異なります。 前者はシングルボタンメカニズムを使用し、中央のボタンはタイミング機能の開始/停止を制御し、2時のボタンはダブルラトラパント機能を制御します。 中央歯車のクランプ設計も少し異なり、コラムホイールの輪郭がはっきりと見えます。 Valjoux 55 VBRムーブメント(直径約39 mm)のサイズは、金星のムーブメント(直径約31 mm)よりもかなり大きいため、Valjoux 55 VBRムーブメントを搭載した時計ケースの直径は、主に40 mmを超えます。

機械式時計の復活の簡単な歴史:1976-1989

1976年、時計製造業界全体がLED、LCD、およびクォーツを求めて激動し、現存する最大の時計メーカーであるジョージダニエルズはそれに飽き飽きしました。 1999年、タイムマガジンで働いたNorma Buchananへのインタビューで、彼は回想しました。「私は「電気技師」(電気技師、ジョージダニエルズの電子時計とその支持者に対する軽蔑的な言葉)に非常に腹を立てていました。 テーブル業界は「これが一般的な傾向です」と扇動しています。」

ジョージ・ダニエルズは非常に腹を立て、状況を取り戻すことを誓った。 彼は英国で一生懸命働き、新しいタイプの機械式脱進機を発明しました。 「ジョージダニエルズはレバー脱進機の問題について考えていました(つまり、摩擦を潤滑する必要があります)」とノーマブキャナンは報告します。「しかし、クォーツ革命は彼に即座の行動を強いました。ジョージダニエルズは機械式時計がクォーツ時計と同じくらい優れていることを証明したかったのです。 前者は電池を必要としないので、さらに良い。」

モンブランサミットスマートウォッチを購入する価値はありますか

ますます多くのブランドがスマートウォッチを発表するようになったとき、私たちはそれらをもはや無視できないと思います。少し前に、私たちは個人的に今年発表されたモンブランサミットスマートウォッチを体験しました。 理由は単純です。それは今年が新しく、現在店頭で販売されているため、簡単に見つけることができます。スマートウォッチの他のブランドが店頭に存在するか在庫がないため、ギフトとして購入したい場合 、待ってたくないので、モンブランサミットの時計をご覧ください。

モンブランスタークラシックシリーズオートマティッククロノグラフ-モノクローム

2018年は、モンブランスタークラシックシリーズの20周年です。これに敬意を表して、モンブランは現在、いくつかのスタークラシックシリーズの時計をプレビューしています。その中で、この自動巻きクロノグラフはより細かい仕上がりとより魅力的なデザインを備えています。 前世紀からのミネルバ懐中時計のクラシックなデザイン、ラウンドケース、バランスの取れた3/6/9時のサブプレートデザイン、中央の6時位置にモンブランの白い星のロゴ。 興味深いのは、軌道の分単位のスケールが設計されていることですが、スケールの中央でトラックを閉じるための従来のラインセグメントの代わりに、よりモダンなドットです。 時計のサイズは42mm * 14.23mmです。ムーブメントはMontblanc Calibre MB 25.02です。これは、Valjoux 7753(ETA 7753)に基づいており、装飾と研磨が施されています。これは、MONOCHROMEが編集した費用効果の高い自動巻きムーブメントです 率直に言って、「あなたは本当にこれ以上求めることはできない」。