順位の68年の業績が下落した。

ラインの下で売上高は下落して、名表のディーラーのヘルパーホールディングスは(以下の「ハンディリ」という)電子商取引サイトを開いて線の下で流れます。ヒーターが先日発表した半年の新聞によると、期間内の売上高は同6.3 %減少した。ハンデリグループは、常に準備と最適化を準備しているO2 O電子ビジネスプラットフォームの盛時網が上線になり、グループ事業線の下での引流などの役割を果たす。
財報によると、ハンディリ2015年上半期の総売上高は67.54億元で、同6.3 %減少した。小売売上高は49.34億元で、前年同月比8.9 %減となった。これは、2012年以来、初めて業績を下げた。
しかし、業績の下落は業界全体が直面している問題である。国内外の腕時計の差が大きく、中国の反腐敗行動の展開や消費需要の低下など様々な要因があり、腕時計業界全体が下降傾向にある。
国内のハイエンド腕時計は高額な差額を持っており、ハイエンド時計は国内での販売不振の問題について、腕時計グループが二三線都市の中端腕時計スーパーコピー時計市場を広げることを選択した。アントリーも内陸部と香港の2つの異なる市場で異なる小売位置を取っている。財報によると、内陸部では、同社は430の小売店を経営し、その中の「盛時表行」は381社である。ハイエンドの名表が販売されている「三宝名表」の店は中国本土に14軒しかありません。主に先進的な都市に集中しています。香港では、ヘルシーリーの販売位置は、主にハイエンドブランドで、カルティエ、オメガ、江詩丹トンなどが含まれています。
ヘルパーの面では、電子ビジネスO 2 Oプラットフォームの建設と発展は、集団発展の戦略的方向を示している。心をこめて準備することと絶えず革新を最適化することを経て、O 2 O電子ビジネスプラットフォームはすでに基本的に調整することを完成します。このプラットフォームは、正式に運営された後に、グループの業務上のラインの下の引流、オンライン取引先のサービス、3 D体験などを実現する。

ティファニー初の自家製腕時計は、GPGの最優秀紳士表に入っている

ティフニといえば、私たちはその宝石を知っています。オデリアの「ティフニの朝食」は世界に知られています。でも、ティフニの腕時計も同じではありません。最近、2017年のジュネーヴの高級時計大賞(GPG)に注目していると、とても面白いティフニ腕時計――Tifany Square Watch。
このティフニSquare腕時計は、ブランド180周年を祝うために発売された新たな表金として、ティフニ腕時計の発展史における重要なシンボルでもある。ティフニの機械製表は歴史的に輝かしい時期があったが、機械製表が回復した後、ティフニも一杯の羹を分けたいと思っていたが、石英の嵐の時には機械製表の伝承が切れていたため、ティフニは業界の大男との合点を決めた。2007年にスワッキとティフニとの協力協議に調印した。スワキはティフニブランドの腕時計で、後者の豪華な腕時計市場でより大きな市場シェアを獲得した。当時のこの協議は一時、腕時計業界の「歴史的協議」と呼ばれていた。しかし、さまざまな理由で、2011年秋には、スワキグループが協力関係を打ち明け、両者は訴訟を起こした。2011年、スワキはこのことをオランダの関連機関に仲裁を提起した。理由はティフニが契約に違反した理由で、ティフニの起動と生産製品の速度が遅いと主張した。官司は2年を経て、最終的にティフニが敗訴して、スワキの4億ドル余りを賠償した。

私はなぜ30日のApple Watchを試用したのだろうか。

これはちょうどリンゴの時計が解決しなければならない問題で、それは私に十分に役に立つ、かつ十分な意義がある機能を与えなければならない。多くの科学技術のメディアはリンゴの時計のちょうど1週間の時間を出して評価して、しかし私は1週間の使用時間は根本的にこの設備が私達の日常生活の中に溶け込むことができるかどうかを理解できないと思っています。
私はリンゴの時計を持っていてもう1ヶ月になりました。そして、毎日、お風呂、ランニング、鍛練ベルト、雑用帯、寝帯、ベルト、作業帯、社交帯、とにかく、何でも持っています。ここでは、私はリンゴの腕時計に基づいて日常生活の中で使われている感じです。
外観と着こなし性
Apple Watch
腕時計を自分の腕に持って行ってから、少し時間をかけていたのですが、自分は腕の上に何かが多いことに気づかなかったのです。その上私の手首の体の毛は多くて、しかしリンゴを持っている時計は“毛をはさむ”ことがなくて、知っていて、他の着着設備はいつもこのような事が発生することができる。
あなたがリンゴの製品を1時間使った後に、それが彼らの設計上の小さなイノベーションの1つであることを発見します。リンゴの腕時計の地面は「空っぽ」とされているので、実際には完全に肌に触れることなく、プラスチックと皮膚の間に発生している可能性が高い、汗をかくという不快感も大きく減少しました。
でも、寝る前にはりんごの腕時計を持たないほうがいいと思いますが、週末にはテーブルの上に置いておきます。
リンゴの腕時計自体はやや厚みのある設備ですが、腕に「もの」が出てきましたが、違和感はありません。
全体的に、私はリンゴの腕時計の外観は比較的中立です。私が持っているのは、ホワイトバンドのアルミ製のスポーツ版で、見た目はあまり悪くないようですが、実際には、実際に実際に手に持っているリンゴの時計が、広告より見たほうがいいと思います。

行雲流水中式の筆致、アークドロと中国の百年ラブレター

アークドロは中国とは不解けな縁を持っている。1783年にアークドロが紫禁城の扉を開いた時から、中国はヤクドロのブランドの歴史の中に溶け込んでいて、乾隆皇帝の御賜ブランドの中国語名にしても、今では故宮館蔵の数十件のアークドロ時計の傑作であり、二者間の百年の縁を説明していない。アークドロの職人の大家にとって、中国の要素はずっと表盤上の重要な構成部分である。彼らは中国文化に中国文化に敬意を表している。多くの代表的な要素をもとにして、アークドロは芸術工坊シリーズで味わい永いラブレターを書いている。
ヤクドロは旧暦の犬の年の際に2つの霊犬時に小針盤腕時計を出して、優雅な動き、生き生きとした北京の犬を捧げて、ブランドと中国の数百年の長い縁に敬意を表します。北京の犬は中国の古い犬の種で、秦の始皇帝の時代から宮廷の中で養われていて、ずっと皇室の貴族が独り占めしている愛犬です。それは活発でかわいいし、高貴なイメージを持っている。小柄な体型で、袖に隠れてしまうことから、「袖犬」とも呼ばれる。

香港ブランドのアンチオとNASAが連名のペンダリストを発売

香港からのアニーンは歴史のある時計ブランドではないが、独自の回転式新聞のデザインが印象的だった。自社製品以外にも、ブランドと協力して別のユニットとコラボして、Danielアーシェ、PhloColbtなど、世界的に有名なアメリカの宇宙総署(NASA)が協力し、全世界限定で60枚の別注デザインを展開している。腕時計は、建築や工業の美学についてのデザインをほぼ保持しているが、NASAマーク式の無菌白と青を主調としたもので、今回のバンドは白い時計を配した重点帯を変え、赤のNASA刺繍を加えて、ブランドとは違った未来のSF感を持ってきたです。興味のある友人は現在、アンコの公式サイトで詳細を調べている。

ラルフローレンポロシャツは、円周率は

マッシュラルフ氏は、90年代に登場した有名なタイディグマメーカーとの連動で現在のスティーブ・グマをデザインしており、今のブランドはブランドの最もマーク的なデザインの1つで、極腕時計記念ブランドの創立50周年を迎えた。他の多額の服を着ているクマの図案の構成は、直径4 mm、ラルフピレン、ラルフピレンは鋼の物料を刺繍しないようにして作ったもので、1時間ごとに28 , 800のエンジン芯rl 300 – 1を使用していますが、基礎のフランスの小牛の皮のバンドのほかに、1枚の時計は1本のネクタイの図柄の布帯を追加して、急に高くなりますホッキョクグマの時計はドルの高い感じです。1枚当たり2000ドルの公式ネットショップや専門店で、興味のある友人がラルフの労を得ることができます。

愛人時計ゴルフ「夢のチーム」忘れない時間

この特別な活動は2年連続で有名な自由国家ゴルフ場(ライベティNational Golf Cousing)で開催され、周囲の景色が美しく、マンハッタンの高層ビルや自由の女神のように目を通しています。ベスト・リーグを通じて、コラソ糸の高級時計ブランドである愛人時計の貴賓たちは、ブランドゴルフ「夢のチーム」のメンバーと切磋琢磨した。この日のイベントに参加したゴルフの優勝選手は、基根・ブドリー、バルト・コリー、ダレン・クリーク、ビック多・ドビソン(Victor Douuisson)、ナイキ・費度ジャズ(Sir Nick Faldo)、ルイ・ウゼン(Lous Oosthen)、イアン・アルト(Ian Pouler)、ヒリク・スルソン、ジョナス・ブリンクレット(Jones Bixt)。
6月12日から15日にかけて開催された2014年のアメリカ大会が幕を閉じたばかりで、愛人時計の北米区では、Xaolier Nolッター氏は、この9人の実力者の優秀な選手を紹介した。世界ランキング2位のアンリーク・スピンソンと基根・ブドリを特に強調した。この試合での見事な表現で、二人は最終的に4番目の好成績を収めた。彼は続いてナイキ・料金のジャズを招いて後輩選手の優れた実力を評価していた。1989年に愛人時計第1位ブランド大使になったナイキ・料金ジャズは、多くの面白いエピソードを数多く語っており、後輩に対する父親の愛のような切なさを見せた。

新婚時計をはめて新婚旅行をするなんて…。

最もよく愛用されている二つの腕時計であるうえ、選択の症候群を選択したうえ、新婚旅行を楽しむことができ、新婚旅行を楽しむことができた。最初はこのようにおしゃれなスタイルを持っていたが、海辺に行って新婚旅行を楽しんだのか、でなければ新婚旅行であるかのように見せかけて、結婚式を挙げて新婚旅行を楽しんだ。

経典復刻シリーズ1967潜水士の腕時計——設計は優雅で、性能は抜群です

豊かな製表の歴史を持つロンジンは毎年、マーク的な傑作の復刻を目指している。今回発売されたロンジン経典復刻シリーズ1967潜水士の腕時計(Langines Herイタズ・ディバー1967)のインスピレーションは、1967年に産出されたダイバーの腕時計で、ワインレッドの潜水刻度表は、黒の滑らかなスライドと銀色のカウントダウンを鮮明にし、同時に測定速度を備えている。その原型は、ロンジンがソイミアの時計博物館にある。
今まで、ロンジンが作ったカウントダウン表は、歴代の冒険家に付き添い、驚くほど壮挙を果たしてきた。20年代と30年代に陸地と空という二つの異なる分野を探険した後、運動家たちは50年代に興った水圧運動を深海に向けて進んで、潜水員の腕時計の発展を生み出した。ロンジンも、しっかりとした上品なダイバーの腕時計を出して成功した。
ロンジンは現在、1967年のダイバーの腕時計をモデルとした復刻腕時計で、その原型は、ロンジンがソイミアの時計博物館に存在している。その年のダイバーはパイロットの腕時計を踏襲したシステムで、分刻みの歯車の回転表圏を配備し、腕時計を潜水時間を計測できるようにした。内盤のエッジは、ダイバーの速度を計算する速度計を設けており、カウントダウン装置は、下潜りの1時にスタートし、1キロの深さを達成した後に停止し、指針の指向性はダイバーの平均速度である。
ロンジン経典復刻シリーズ1967潜水士の腕時計は直径42ミリで、L 688.2の自動ブレスレットを搭載している。このカウントダウンは、デザインが独特で、モデルのモデルを継承したスタイルで、その黒い滑らかなテーブルには、直径の非対称な銀色のカウントダウンが設けられている。お酒の赤の刻度表とシルバーの速度計を表の全体色に彩る上品な雰囲気。ダイバーの腕時計として、その指針と時の標はすべてスーパー- Lamichva®の夜光コーティングを塗って、腕時計の底の蓋と表冠は回転式の設計を採用して、その防水の深さは30キロに達することを確保します。この時計は精製鋼の鎖、黒い皮の表帯またはゴムの表帯を組み合わせます。表裏はダイバーの図案を彫って、ロンジンの最初に生産したダイバーの腕時計に敬意を表します。