ワールドタイマー「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」

シンプルにしてモダン……1924年以来、モンブランが製造を続ける万年筆の傑作「マイスターシュテュック」のスタイルを簡潔に形容すれば、この2語に尽きる。誕生90周年を迎えた「マイスターシュテュック」をトリビュートし、2014年にモンブランは「マイスターシュテュック ヘリテイジ」と名づけられた腕時計のコレクションを展開……その簡潔にして、レトロシックな機能とデザインは、大好評を博した。

そんな「マイスターシュテュック ヘリテイジ」の精神を、2015年に新たに継承するコレクションが登場する。それが「ヘリテイジ スピリット」であり、そのファーストモデルとして、発表されたのが、ワールドタイマー「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」だ。

ワールドタイマーは、世界24タイムゾーンの現在時刻を一度に表示する仕組みであり、文字盤外周部分の各タイムゾーンを代表する都市の名を記したリングと、それぞれのタイムゾーンの時刻を示すための24時間リングを配している。この24時間リングが時刻と連動して回転し、各タイムゾーンの現在時刻を示すのだ。そんな基本的な機能に加え、「ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム」の文字盤中央には、北極から見た北半球の地図が描かれ、都市名の位置関係をわかりやすく表現し、個性的な意匠にもなっている。

しかも、ここには、モンブランの技術陣が粋を凝らした特殊な「透かし構造」によって、時刻の経過とともに、夜になる地域の色は、暗い色合いへと変化していく。まさに一目見ただけで地球上の昼と夜の状況を把握でき、ワールドタイマーの実用性を引き上げるとともに、この時計の個性を際立たせる。

さらに、文字盤が縁に向かって窪んでいくボンベダイヤルなど古典的なデザインは、まさに腕時計や「マイスターシュテュック」の完成期である20世紀前半のモダンタイムを思い起こさせる。

こんな画期的な時計をコレクションの第一弾に含めるところに、新コレクションにかけるモンブランの意気込みが伝わってくる。1月19日から開催されるSIHHにおいても、この時計に続く新作モデルを大いに期待したい。

オシアナス10年におよぶ発展の歴史

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、2004年に登場した「オシアナス」の1stモデルは、“世界初フルメタル・クロノグラフ電波ソーラー腕時計”だった。この当時、フルメタルケースの電波腕時計は、アンテナの受信能力の関係で実現が難しいとされていた。カシオはこの難題に挑み、独自の光発電機構も搭載し、世界初の快挙を成し遂げたのだった。

2006~2007年に登場した第2世代モデルは、標準電波の受信能力に磨きをかけ、米国、欧州、日本の合計5局からの標準電波を受信できる“マルチバンド5”を実現。そのほかにも“世界最薄のクロノグラフ電波ソーラー腕時計”を実現するなど、機能性を一段と高めていった。

そのはじまりは、2008年に登場した“タフムーブメント”の搭載だった。耐衝撃性を高めたハイブリッドマウント機構などの採用によって、信頼性を抜群に高めている。さらに、操作性を格段に高めた“スマートアクセス”も完成するなど、2011年頃までのモデルで技術革新が大きく進んだ。

2012年以降に登場した第3世代後半期のモデルは、前半期に達成された成果に加えて、2つの都市の時刻の同時表示を完成させ、さらに、前代未聞の6モータードライブの搭載によって、一段と多機能性を向上させるなどの進化が進んでいる。

この10月に登場された「オシアナス OCW-G1000」は、フルメタルケースにおいて、GPSからの電波と、世界5カ国6箇所にある標準電波局からの電波の両方を受信できる、世界初の腕時計である。あらゆる地域で迅速な時刻調整が可能なGPS電波と省電力で確実に受信できる標準電波、時計が有利な条件で受信できる電波を選択するという機能は、これまでにはない新機能である。

操作性も抜群のワールドタイム機能と組み合わせて、世界のどこにいても、正確な時刻を知ることができる。世界を駆け巡るビジネスマンには必須の機能である。

時代を重ねるとともにフルメタルケースはスマートを極め、スーツシーンでも違和感のない秀逸なデザインとなっている。文字盤やインダイヤルそれぞれの外周に配された鮮やかなオシアナスブルーは、腕時計に彩りを与え、「オシアナス」らしい個性を発揮している。

海外出張の多いビジネスマンに便利な「セイコー アストロン」

2014年12月6日、東京・銀座の和光本館で、第2回となる「SEIKO presents WAKO GENTLEMEN’S CLUB」が開催された。このイベントは、応募によって当選した30組限定のスペシャルイベントで、今回で第2回目。コラムニストの中村孝則氏が進行役となり、ゲストとしてJALの現役パイロットとキャビンアテンダントとともにフライト談義で大いに盛り上がった。

JALが、定時到着率で2012年、2013年と2年連続で世界第1位を受賞した話題でスタート。パイロットやキャビンアテンダントにとって、正確な時刻で運行することの苦労話なども披露。正確な時刻で運行することの重要性も語られた。

「時差ボケ対策」「機内での快適な過ごし方」「機内のファッションスタイル」まで話題がおよび、プロならではアドバイスが会場に集まった参加者に披露された。

コラムニストの中村氏も、仕事柄、9日間で9フライト乗り継ぐほど頻繁に海外への出張が多いという。そんな海外出張が多い中村氏が注目している世界初のGPSソーラーウォッチ「セイコー アストロン」の魅力について語られた。

「セイコー アストロンは、ボタンひとつで滞在地の正確な時刻に調整してくれるので、移動の多いビジネスマンや旅行者にとっては、本当に助かるツールだと思います。それと洋服が限られる海外出張において、ビジネスにもカジュアルにもあらゆるシーンに使えるデザインも魅力ですね」と中村氏。

「キャッツアイ」にトゥールビヨン搭載モデル登場

女性のための美しい機械式時計製造におけるパイオニア、ジラール・ペルゴからブランドアイコンであるゴールド・ブリッジ・トゥールビヨンを進化させた一本が誕生した。

6時位置には装飾された174個の部品を内蔵し、手作業によって調整と組み立てが行われるトゥールビヨンが、彫金を施したゴールドブリッジの下に、威厳を持って君臨している。精確に駆動する自社製手巻きのキャリバーGP09700-0012を搭載。

14石のダイヤモンドがセットされたホワイトゴールド製フォールディングバックルを備え、レッドのアリゲーターストラップにブラックも付属。

マザー・オブ・パールのダイヤルには繊細な花のモチーフが刻まれ、優雅に浮かぶリーフ型の針が優雅に時を刻む。

機械式時計としての精確さとフェミニンでラグジュアリーな魅力を併せ持つ一本だ。