トレンドに媚びない、スポーティーなデザイン

時代は確かにスポーティーなデザインがもて囃されているけれど「オクト」はそのトレンドとは一線を画した存在。だから、時代に媚びた感じがしない。なんていうのかな、デザインの核となる部分に芯が通っているような。ブレない美学のようなものがあるとおもう。特にこのブルー ダイヤルのモデルは発色が別モノ。ブルガリらしく、サファイアブルーのような色合いは、これもトレンドとなりつつあるブルーフェイスのなかでも際立った存在感ですよね。

このブルー ダイヤルにブルーアリゲーターストラップのモデルをイメージして、コーディネートするときにかんがえたのは、MEN’S CLUBでも注目しているネイビーを軸としたスタイリング。特にネイビー×ブラウンよりも、ネイビー×ブラックのほうが、実用性があるし、ハズす心配も少ない。イタリアではブラウン合わせもよく見かけるけれど、個人的には、日本人にはネイビー×ブラックのほうがしっくり来るとおもいます。

ブルーアリゲーターストラップは、今日はじめて見たのですが、これならジャケットは羽織るべきだとおもって、コーディネートはセットアップにしました。この組み合わせなら『このあいだ、きれいなブルガリしてる人がいたよね』って、会話のなかで名前が挙がってきそうな気がするよね(笑)。

イタリアで感じた、必然にして生まれたかたち

MEN’S CLUBにとってのブルガリのイメージは、これまでクラシックなラグジュアリーブランドといった要素が強かったけれど「オクト」が発表されてから、ずいぶんと変わったような気がします。ジュエラーらしい繊細な一面を残しながらも、ラグジュアリーブランドのなかで一番マスキュリンな雰囲気をもっているのが「オクト」の良さだとおもうんです。

話はさかのぼりますが、以前アルミニウムのブルガリの時計を所有していたのです。当時は、どのブランドもメンズの時計といっても、レディスの延長線上にあるようなデザインが多かったなかで「アルミニウム」が登場して、一気にメンズウォッチのデザインの在り方みたいなものを変えたんじゃないかな。それまでは身につけるひとを選ぶデザインだったのを、万人受けする方向へと転換したモデル。それが「アルミニウム」が果たした役割のような気がする。

ここ数年、ミラノサローネに行っているんですが、そこでたくさんの建造物やプロダクトを目にするわけじゃないですか。そうすると、やはり優れたデザインを間近に感じることで、いくつか見えてきたことがある。つまり“なぜこの地で、このデザインが生まれたのか”ということ。ブルガリは歴史のあるブランドだけど、出るべくしてリリースされたのが「オクト」だとおもっていて、他のブランドにはない、時代にふさわしいスポーティさや男らしさをもっているのではないでしょうか。

ジュエラーの優雅さとあたらしい時代の理想的男性像

独特な八角形のデザインにより、時計のあたらしいデザインスタンダードとなったブルガリ「オクト」を人気メンズ誌編集長が語る本企画。今回は、MEN’S CLUB編集長の戸賀敬城さんが「オクト」のデザインと価値観、そして男にとって時計とは? というさまざまな観点から「オクト」の魅力を教えてくれる。

top