RADOレーダーファインセラミックスシリーズメンズ機械表

踏襲レーダー表は一貫してシンプルなラインの精密セラミックスシリーズ(Integral)はレーダー表の中、初めてハイテクセラミック素材バンドとしてそれぞれの構成部分のリンクを創造した腕時計は、摩耗しにくく且つ恒久光の特色、それと人体の肌のお見合い性や人と体温に合った特性が、さらに人それを持ってない。2007年、レーダー新型精密セラミックス(Integral)男性機械時計は、その抜群の材質と優雅非凡な設計風格を再現経典。
このレーダーに新しい「ファインセラミックスメンズ機械表」を備えているとXLサイズL 2種類、この表の採ETA2681自動的にムーブメント動力貯蔵は38時間。ひっそりとしたブラックの文字盤、4の光のダイヤモンドの時間目盛。6時には窓と1羽は機械のムーブメントの振動の振動のを象徴するアンカー型のマークがあります。鏡面は一体成型のサファイアクリスタル鏡、カバーデザインシンプル気前のケース、組み合わせのプラチナハイテクセラミック表の色とステンレス部品リンクインタラクティブ交わる直列、自信を見せる優雅な紳士味わう。レーダー表ハイテク素材を未来により、風潮は、その摩耗しにくく製品の特色は腕時計の中でずっと独木。優雅な形と完璧に優れた技術で、今なお依然としてレーダー表の重要な特徴の一つで、その恒久的価値と親膚特性を装着者だけでなく、永遠の快適で楽しく、更にタブ手法と科学技術の素晴らしい表現。

积家新型ジュエリー表に輝くベニス映画祭

2007年、ベニス映画祭として3年連続の公式パートナー――スイストップ腕時計ブランド积家第64回映画祭期間中の特別で盛大に祝う夕食会をされた最新の高級ジュエリー表シリーズ、掲示した最新のジュエリーモザイク。その席は、特別に招待した世界各地からのセレブ、セレブな集まり、女性が麗しく着飾った、ベニス映画祭に道引注目の風景、当日のイベントでは积家の総裁Mr . Jerome LAMBERT司会。
Diane Kruger当日着てい积家最も有名な101Etrier宝飾腕時計も現場で活動させてあげ、蓬壁。Joely Richardsonは着て积家最新アルバムの千万高級宝石腕時計:ラTuplipe、フラッシュの焦点になる。フランス有名女優Judith Godreheわざわざパリからベニス行き着ていReverso雪象眼宝石腕時計とMaurice Barthemy同席して今回の盛会。インド有名女優Karisma Kapoorより華やかな舞台に登場。300人以上の有名人が今回の活動に参加した。夢のような活動の現場で、さらに印象に出积家高級宝石腕時計の抜群の魅力。この度の忘れ難い活動の中で、积家は再び見せその創造力、現代感と追求して革新的な能力。

拝戈新型デビュー?イメージキャラクター

腕時計ブランド拝戈表は上海でこのほど、シャングリラ大酒店に盛大な新型シリーズの腕時計を発表会見、光栄に正式に契約を締結し台灣の金馬奨さん俳優?そのブランドイメージキャラクターを務める。拝戈会社取締役董伟杰さんのメディアや来賓に共通のを目撃したこの感動を贈るの大切な時に、手?1項は中国だけの発行118拝戈「慧・智・金」の限定版金の時計は、発表会の現場を盛り上げて。
拝戈達の業界でのブランドイメージと呼ばれた万能役者。演技と謎の気質を?光と影の世界の中で自分の思うがまま。その成熟外見下流溢れる余裕、淡々と、優雅と果敢、激しい、自信を顕の魅力と両極ちょうど拝戈表控えめ叡智のブランドの気質の天然の合緻。だから、拝戈究極の選択を伸ばしてましオリーブこの独立独歩の感じ。「?にとって、拝戈表だけでなく、生来の尊い気質、同時に常にファッションの先端を拝戈を持つと、よくこの腕の間に友達に感じられる平然と安楽と鋭意進取力。イメージキャラクターになることができることを拝戈達は1種の誇り、も1種の挑戦、もっと自分を拝戈独特のブランドの魅力を伝え、1人の英知に富んでいる中国の消費者に。

ウブロの〝マテリアルマジック〟

2011年末、ウブロはスイス・ニヨンの本社工房において革新的な新合金を発表した。その名も「マジックゴールド」。外連味あふれるこの名称からは、にわかにはその素材が何であるか想像し難いが、これはセラミックスとゴールドの合金である。通常、ゴールドの合金は、18Kゴールドを例に取ると、重量パーセントにして75%がゴールドでなければならない。このマジックゴールドはスイス貴金属管理局から18カラットのゴールドと認定された正真正銘のゴールドである。いかにして、このマジックゴールドは開発されたのだろうか?

ウブロとEPFLが共同開発したマジックゴールド。パーツの大きさに合わせた円筒形の型に原料を充填し、冷間等方圧プレスで固める(奥の円筒)。それを焼結してセラミックスの“骨格”(中左の円筒)を作り、そこに高温高圧の不活性ガスで融解したゴールドを流し込む(中右の円筒)。これを放電加工機で輪切りにし、切削すると黒ずんだパーツが出来上がる(手前左)。それを研磨して初めてマジックゴールドの色味が現れる(手前右)。手前の薄いグレーの円筒はセラミックスとアルミニウムの新合金。

リシャール・ミルの〝陰の右腕〟硬く、美しい素材加工の名手

リシャール・ミルが「RM055 バッバ・ワトソン」のベゼルに採用した素材「ATZ」。聞き慣れない素材だが、これは2000気圧で原料を高圧射出することによって密度を高め、結果、20〜30%硬度が高められた強化セラミックスである。このATZは、高硬度ゆえに優れた耐傷性を持ち、加えて、変色しにくいのも重要な素材特性だ。すなわち、RM055のピュアホワイトをいつまでも維持し、かつ傷も付きにくいという最適な素材なのだ。しかし、強化セラミックスという特質上、加工が困難なのが最大のネックである。

今回、名乗りを上げたのは、セラミックスやタングステンカーバイドなどの超硬素材の精密加工を得意とするメーカー「バンゲルター・マイクロテクニック」。CEOのマーク・バンゲルター氏は言う。

「当社からの営業の結果、セラミックベゼルを作ってほしいという依頼を受けました。素材を提案し、最終的にリシャール・ミルからOKをもらったのです」

手しごとって素晴らしい! エルメスのアトリエが表参道に

さる3月9日から19日まで、東京・表参道ヒルズのスペースオーにおいて、エルメスの手ごと展〝アトリエがやってきた〟と題するイベントが開催された。エルメスの多彩な製品(=オブジェ)は言うまでもなく、最高品質を誇る。そのクオリティを支えるのは、アルチザン(=職人)たちの技、才能、感性と、それを表現する熟練した手技に他ならない。そうした事実をダイレクトに伝えるため、エルメスはアトリエから専門分野別にアルチザンたちを会場に招聘し、多くの来場者たちの目の前で、優れた職人技をデモンストレーションするというのが、イベントの目的である。

ロレックス/オイスター パーペチュアル エクスプローラーII

いざ未踏の世界へ
エクスプローラーIIは、1971年に探検用時計として発表されたモデルだ。日付表示のほか、24時間表示の針が備わり、ベゼルに刻まれた一昼夜の時間を示す仕様になっている。初代エクスプローラーは日付表示とセカンドタイムゾーンなしでまとめられ、53年以来ロレックスのデザインアイコンとして今なお製造され続けているが、そのバージョンアップモデルとして、プロフェッショナル仕様に開発されたのがエクスプローラーIIなのだ。

追加装備された24時間表示針は、とりわけ探検隊にはありがたいものに違いない。一日中、昼とも夜とも知れぬ洞窟の暗がりの中で作業する研究者たちや、夏場は日の沈むことのない北極探検隊の人々にはさぞかし助けになることだろう。このモデルは実際に数多くの北極・南極探検の際に使用され、火山や洞窟の研究者たちにも伴われていった。それは当時の報道写真にも見ることができる。
ファーストモデルのRef.1655は、ストレートなパラレルハンドの時分針、正方形と長方形を組み合わせたインデックス、そして、オレンジ色の24時間表示針で構成され、いかにも70年代らしい容貌がたまらなく魅力的だ。

もっとも、このモデルは発売から何年かはベストセラーというまでには至っていない。83年にはマイナーチェンジされ、Ref.16550となり、24時間表示針の色はオレンジから赤(先端の三角矢印部分はメタルカラー)に変わってスリムになった。インデックスは正方形と長方形から今やロレックスに典型的な大型ドットになり、時針の形状も変更されている。
つまり、そもそもエクスプローラーIIは、おなじみのGMTマスターやサブマリーナーの顔を引き継いでいるというわけだ。そして、このRef.16550から、ブラックダイアルだけでなくホワイトダイアルも採用されるようになった。搭載のキャリバー3085は、同年発表のGMTマスターII用に開発されたのだが、時針を単独で操作できるようになっている。そのため、24時間表示針をホームタイム、時針をローカルタイムとしてセカンドタイムゾーンを設定でき、利便性が向上したというわけだ。

86点】ブライトリング/クロノマット GMT

離陸準備完了
ク ロノマット GMTは一見、ポルシェのカイエンのような巨大なホイールリムを備えたSUVを想起させる。全体的にポリッシュ仕上げが施された、直径47mmのクロノマット GMTのケースは、感嘆の念と同時に、アンバランスなものに対してドイツ人が持つある種の不快感をも呼び起こす。腕時計としては、ここまで巨大である必要がないのは明らかである。だが、クロノマット GMTを気に入るユーザーがいたとて、不思議ではない。しかも、この時計はSUVとは異なり、人類が全員で分かち合わなければならない有限資源をまったく必要としないのだから。
クロノマットは、自分がプレミアムセグメントに属することをただちに意識させてくれる時計である。入念にポリッシュされ、12個のネジが取り付けられた回転ベゼル、クリーンな加工のディテール豊かな文字盤、そして、隙間寸法を最小限に抑え、立体感のあるブライトリングのロゴを配したフォールディングバックルは、卓越したクォリティと加工精度の高さを物語っている。ポリッシュ仕上げによって生まれるケースやベゼル、バックル、インデックス、針の気品は、数多くのスポーティーな表示要素やねじ込み式プッシュボタン、オーシャンレーサーと呼ばれる穴付きのラバーストラップ、また、サイズとの調和が抜群である。手首のためのSUV、つまり、大都会というジャングルでの厳しい日常を生き抜くための畏敬の念さえ抱かせる巨人は、かくして生まれたのである。

スポーティーなエンジン

クロノマット GMTのエンジンは、カリスマとしてのポテンシャルを十分に備えている。ブライトリングが初の自社開発ムーブメント、クロノグラフキャリバー01を発表したのは、2年前のことだ。スイス・グレンヘンの開発チームは労を厭うことなく、既存のキャリバー13に取って代わる新型のクロノグラフムーブメントを完成させた。クロノグラフムーブメントは、すべての部品が正確に噛み合わなければ機能しないことから、開発が困難なことで知られている。
クロノマットでデビューしたブライトリングのキャリバー01はこれまでの間に、いくつかの限定モデルのほか、古典的名作であるナビタイマーにも搭載され、トランスパレントバックを備えたトランスオーシャンの標準モデルでも登場している。GMTという複雑な機能を組み込み、自社開発キャリバー2号機として登場したキャリバー04が最初に時を刻むのは、やはりクロノマットである。

クロノマット GMTは、時代に合わせたデザインと機能を結びつけるという、ブライトリングの美徳をしっかりと体現している。目を引くのはやはり、ディテールにこだわり抜いたデザインだろう。文字盤中央に浮かび上がる正方形は、それぞれの辺が3つのサブダイアルの中心線と重なるように形成されている。アプライドインデックスも、正方形の辺に合わせてデザインされている。インデックスは、単に正方形の辺の部分で切れているのではなく、まるで中央の正方形を縁取っているかのように強調されている。サブダイアルの針も軸の部分が正方形をかたどっており、ベゼルのタブも正方形だ。サブダイアルとベゼルに配された数字のタイポグラフィーも、ゼロを四角形にデザインすることで統一感を持たせてある。タキメータースケール、サブダイアル、ベゼルのタイポグラフィーを踏襲した24時間目盛りには、それぞれ異なる字体が使用され、ひとつの時計に3種類の字体が盛り込まれている。ベゼルの数字には慣れが必要だが、控えめさとは対極にあるクロノグラフにはぴったりのデザインと言えるだろう。

残念ながら、テストウォッチの文字盤は、視認性にやや欠ける感があった。シルバーの針とシエラシルバーの文字盤とのコントラストが弱すぎるのである。スリムなクロノグラフ秒針も、読み取るのがかなり難しい。先端に大きな赤いポイントを備えたGMT針と日付は、他の表示要素よりも明確に読み取ることができた。文字盤には6種類のバリエーションが用意されており、シエラシルバー以外のダークカラーの文字盤の方が、全体的な視認性に優れている。
だが、その一方で、テストウォッチのシエラシルバー文字盤は、明るい場所よりも暗所において格段に良好な視認性を発揮した。時針と分針も、アワーマーカー(12時はふたつの正方形)や回転ベゼルのゼロポイントと同様に明るく発光する。また、クロノグラフ秒針にもわずかながら夜光塗料が塗布されている。

【80点】ロンジン/コラムホイール クロノグラフ

ロンジンが2010年に発表したコラムホイール クロノグラフで見せてくれた開発力とパフォーマンスは、もう称賛するほかはない。現在のロンジンは、スウォッチ グループの中でのブランドとしての格付けは、ティソやサーチナより明らかに上だが、オメガの下に押し込まれている感は否めない。しかし、その実体は、サンティミエに根を下ろし、世界に輝かしき名を馳せてきた実力派の老舗である。成功の鍵は商品そのものにある。そして、適正な価格設定が販売店との長い取引関係を築き上げてきたのだ。

そのロンジンが、ブランドオリジナルのクロノグラフムーブメントをコレクションに加えたのがこのモデルだ。機械式ムーブメントの粋を集めた新キャリバーL688・2は、ETAが自社キャリバーA08・231をロンジンのために仕上げたエクスクルーシブムーブメントであり、今後も専用機として独占使用が決定している。
開発プロジェクトが始まったのは08年。翌09年のバーゼルワールドでキャリバーL688・2が発表され、10年にクロノグラフの新製品として披露された。それ以降、着々とデリバリーされている。このロンジン専用新型クロノグラフムーブメントは、ETAの従来のクロノグラフムーブメントに比べてはるかに知的な仕上がりになっている。なにしろ設計したエンジニアと時計師は、精巧なクロノグラフムーブメントにかけてはノウハウに長けたスペシャリストたちだからだ。既存ムーブメントの何を生かして何を新しくするかは早々と決まった。まず、腕の動きをきっちりと一方向に整流して伝える片方向巻き上げ方式や、ニヴァロックス製の2万8800振動/時の脱進機、10時位置のケースサイドに修正ボタンを置く日付のクイックコレクト機構などが採用されている。

そして、クロノグラフ機構には信頼性に定評のあるスイングピニオンによる伝達方式が採り入れられた。これは揺れ動くように組み込まれた軸(ピニオン)の上下それぞれの端に備えられたカナが、時計の通常輪列とクロノグラフ輪列を連結する機構である。軸の文字盤側にあるカナは、スモールセコンドを動かす4番車と常に噛み合う。クロノグラフのスタートボタンを押すと、軸の裏蓋側にあるカナが発停レバーによって秒クロノグラフ車(クロノグラフランナー)の歯先に噛み合い、4番車の動力をクロノグラフ機構に伝達し、計測が始まる仕組みになっている。
キャリバーL688・2では、可能な限り経路の短い効率的な切り替え制御を追求してきたこれまでの改良技術が発揮され、厳選された少ないパーツ数で高い品質基準を実現。さらに、メンテナンスしやすいのも特徴だ。スタート/ストップボタンおよびリセットボタンの相関的なメカニズムは、このキャリバーでも存分に生かされている。その中で重要な役割を果たすのが、クロノグラフ秒針と積算計の針を瞬時に帰零させるふたまたのリセットハンマーである。