メンズ腕時計_六項機械推薦メンズ機械式時計ピクチャーと解釈を分かち合う

社会を出たばかりの若い世代なら、ティソを選んで家に帰るのもいい。この表ティソダイヤルを39.3mmサイズ、絶対に人をつくる共通項、菱チェック銀色の文字盤コーディネートローマ数字目盛と経典大3針、サファイアクリスタル鏡面仕上げ鋼のケースはグレーの精鋼バンドが浮き彫りに成熟して落ち着いた雰囲気は、シックな透け設計、ティソ1853文字表の底にまたがる。
現代の靑年にティソが不可解な愛、もし3千余りの予算は時計を買って、少なくともごじゅうに一つでも选ティソ力ロック。確かに、この価格で買える輸入エタ機械ムーブメントを乗り越えるのは容易で、もとのT41のETA2824ムーブメントをアップグレードしPOWERMATIC 80.811、変わらない文字盤の大きさや厚さの場合、持ったはちじゅう時間動蓄える、シリコン陽炎の応用は時計より正確に時。
このブランドは美度中の経典の項でも、ユーザーに言い伝えは比較的に良い評価表の一つで、ずっと高い称賛。美度の名前があるのは、スペイン語の「Yo mido」意為“私測定」、駆け出しのあなたが職場や生活にも絶えず自分を律し。この時計の表盤はきれいな白いステンレスで、しっかりとした感じがします。針と目盛りのデザインが簡潔でわかります。

時計が壊れて水か_米びつとドライヤーをあてるのは良いですか?

時計取水や霧という私たちの日常が出会って、先日位表友」からこの問題については、実際に私たちを装着時計日常忘れてあるいはサウナ風呂、たとえ防水時計もある取水の場合は時計の品質の問題は、高温の水気化しやすい、水の分子のピッチが増大し、腕時計の中に走って機会があるので、長期使用で時計を高温で水気重の環境の中で。その腕時計は水が入ると壊れますか?「米びつ時計置いて役に立ちますか?ドライヤーでいいですか。問題はすべて表友の問題で、私は次のように答えます。
水が入ると壊れてしまうのですか?ないが、時計の次第ですが、水が入ってしまった、きっと損時計性能を、私たちは先に腕時計の中の水、たとえば使用何階トイレットペーパーや易吸湿の綿ネルは腕時計を厳密にきつく包む、置いてよんじゅうワットの電球付近の約じゅうごセンチで、約さんじゅう分焼き時計、表にすぐに水蒸気。でもあまり近づく火元、さもなくば損の時計を表に向かって、底殻内蒙外反を腕に、二時間ほど水気が消えていくのは、最高で顆粒状シリコンと水の腕時計は一緒に入れて密閉容器内の小さい時後、数、取り出し腕時計、積水すなわちすべて消えても。簡単な経済適用、表の精度や寿命は一切の損害。すでに何度も吸水後のシリコンについては、120℃で数時間乾燥し、吸水力が再生可能で、何度も繰り返し使用できる。
「米びつ時計置いて役に立ちますか?ドライヤーでいいですか。前の二つの方法も要らない、米びつ中の粒子ほこり物質も、渋滯に時計部品の運行の可能性は使用しないで、電気ドライヤーを使用しないことも、ドライヤーは電力の電器、磁場は小さく、腕時計は磁化の可能性。
実は私達は注意して日常が接触させて腕時計や水が暴露させて腕時計で湿気や高温の場所が、浸水が深刻な場合は、ごすぐメンテナンスの専門店に修理しないように、もっと深刻なダメージを!

どのように选_メンズ腕時計時計を中心に見て何購入方法Xiangjie

まず腕時計をいくら使ってもいいですか。
経済の基礎の上部構造を決定して、ないように积家を1枚買う(会場じゅうが折れ、最低38000円)正月、毎月お金を返してやって花唄、一体いくら钱买一ブロックにふさわしいか、有名な時計評論家の朱磊氏との原則は、2ヶ月の月給は時計を買って最適な。
どんなデザインの腕時計が必要ですか。
もしあなたは入手第一の腕時計、時には自分の職業は、生活需要などの選択、日常装着の腕時計は機能が実用的で、装着快適で、造型経典百搭などの特徴、
結局、年をかけて、いつも生活の中で着用しなければなりません。
どんなブランドの腕時計があなたに似合います
この世界はとてもブランド多すぎる誘惑が多すぎて、もし思い切って時計を買う、なければ時計を買う前に確定で、あなたの必要なブランド、要らないで、何を買いましたオメガ(会場じゅうが折れ、最低17700元)の二日目とあら、そう好きブライトリング(満場じゅうが折れ、最低24600元)あ、後悔そして夜も眠れない。
どんな素材の腕時計が必要ですか
知っていて、腕時計の材質に細分化してきたが、10数種類の、分かれて2種類に分けて、貴金属とその他の金属、貴金属というのは主に金銀材質、この時計の普遍的な高級で、その他の金属の中で最も主流は鋼、低コストで、耐腐食性が強い時計メーカーの中では主流の材質、そしてますます繁盛の陶磁器はこの2年間、この材質は重量が軽い硬度はステンレスの十倍、耐熱、決して摩耗と、総合性能最高素材。
どんな形の腕時計に適していますか
腕時計の主流の形はほとんどの3つ、経典の円形、優雅な四角形、復古の樽型のうち、円形は最も百搭確実な形、どんなタイプの人をも適当で、それも比較的に大衆を意味して、もしあなたは自分の個性を求める人慮後者を試験することができ、四角形は必要な気質に制御の形状は、この形が似合う腕はそんなに大きくの中国人に装着、さらに東方人の奥深さや優雅が美、最後は樽型、この形の表も非常に復古、珍しく、スタイルでエレガントな表に近いと、個性を追求する人を身につける。