アークドロが象の小針盤を張る

一つの象――知恵と力のシンボル――金色の田んぼにたたずんで、安らかな若素。アークドロ(JaacetDroz)は精華な工芸と芸術の革新力を使って、この新しい時の小さな針盤の時計の表の上で美しい景色を呈する。この作品はAtelier d ‘ Artシリーズで、一つの技術的なチャレンジであり、まるで旅の誘いのようで、遠い詩意を放つ。アークドロ(JaacetDroz)は、作っているうちに、古いアジア工芸を運用している。
このような驚嘆する芸術工芸は、ベトナムの旅の中で再発掘され、地元ではウズラの卵を使った工芸品を使って独特な絵を作っていました。これまでは、この打ち込み技術は、製表業には適用されていない。アークドロ(JaacetDroz)職人の大師にとっては、一大挑戦として、直径43ミリというブランドの歴史表金である小針盤(Petil Heing Minte)に示された。芸術の大家たちは、ウズラの卵の殻を処理し始め、厳格な手法と一髪の集中度で、この腕時計の珍品の装飾図案を作ります。まず、色、形、純度によって、極力の微細な卵のかけらの中で精選して、それから殻の弧と色調によって、1000枚以上の卵の殻を赤い金の表盤の上で手にしたものにします。
続いて、レンダストの上で透明な漆層を塗布し、最後に、全体を均一に一致させるとともに、驚くほど深い視覚効果を作る。象の時の小さい針盤( Petil Heel Minuc Elt Elect )の上でこの目眩の神の夢中の絵は約200時間の方が完成することができて、黒色の縞マナの時に針盤と光華のまばゆい赤い金の時計の輪の柄は更に美感に達します。この装飾のテーマは表の底から見て、2本の発条箱の自動的なチェーンのメカニズムを駆動する22 Kの赤い金が陀上に並んで同じ彫刻を採用します。この時計はただ8枚を発行して、アークドロの創意の真髄と旅行の精神、およびブランド芸術工房の卓越した工芸。

プラネフィノ手動でチェーンバンドの腕時計は技術力と永遠の美しさで時計壇

新しい製表の工事の革新はプラネフィノ
大型の日付、月曜日と動力備蓄によって表示され、「6時」の位置にある小さい秒針を借りて、時計は着用者に便利な機能を提供している。多くの機能がありますが、このプラネフィノリスト家族の最新のメンバーは、パフェノシリーズ固有の優雅さと低調の外観を残しています。表盤上の「12時」位置の2つの大型数字はそれぞれ2つの同期で実行された円盤の上に日付を表示し、一目でわかる。その中の1つの表示盤は0から3の間の数字で日付の10桁を表示しますが、2番目の表示盤は0から9の間の数字で日付の桁を表示します。2つのディスプレイディスクの完璧な同期は、IWC万国表の59220型の自家製ココアが完成します。表盤上の曜日表示は、日付と機械装置が直接つながっている。2つの重なり合った弾性推進針は、昼間に発条箱からエネルギーを汲み取り、真夜中になると、2つの推進針は十分なエネルギーを取得し、一方では、日付変換を進める一方で、七歯星状の歯車を推進することができる。8日の動力備蓄機軸がチェーンを満たした後、192時間の正確な歩き方を確保することができ、別のチェーンが必要ではなく、8日以降の着用者は、回転表冠に連鎖して新たな動力を入力する必要がある。いつでもチェーン上の動力備蓄から読み取りができます。腕時計のデザインは現代感で、ジュネーヴのストライプの大型橋と珠玉の飾り板を飾り、透明なサファイアガラスの裏表を通して見渡せる。
精鋼と紅金表金はあなたに選べる
プラネフィノ手動では、カレンダーの腕時計に精製鋼のデザインを備えています(モデル:IW 516201)、銀めっきの表盤、メッキの針と刻度、黒のSantoniワニの皮のバンドを組み合わせます。赤金モデル(モデル:IW 516202)は、岩灰色の表盤、メッキの針と18 Kの紅金の刻み込み、そして茶色のSantoniとワニの皮のバンドを組み合わせます。世界的に有名なイタリアの靴メーカーSantoniは、IWC万国表として、ハイエンド品質の皮のバンドを作っています。複雑な加工工程において、1本ごとに丹念に作ったSantoniの表帯は、工場出場時には、独特の素朴な外観が与えられ、色調もそれぞれ特色がある。この工芸は革の皮が長年にわたって使われているように見えるが、実際には全く新しく作られたものである。Santoniの表帯の別のシンボル性の特色は表の内側のオレンジの真皮の内張りである。地中海の生活感情の美しさと魅力は、腕時計とバンドの完璧な手作りの芸に溶けている。

IWC万国表パフェノ腕時計世界に新たな色をかける

シャフハウゼンでは、2015年9月~2014年、スイス製表家シャフハウゼンIWC万国表では、そのプラネフィノ
腕時計シリーズで、表面の直径37ミリという新たな表札を加えた。今では、ナミをはめ込んだプラネフィノ月相自動腕時計37の新たな表札が、放光精製の鉄砲を持ち、低調の豪華な色調を披露している。また、プラネフィノ自動腕時計37の2つには、青色の表板と青い皮のバンドを組み合わせて、別の1金は銀メッキとイチゴのピンクの皮のカバーを組み合わせて、2つの腕時計がプラネフィノシリーズにより多くの色を注いでいる。
月相の表示は、見た目だけでなく、人に注意を払うとともに、機械時計が出る前に、月の隠れた場所を通して時間の流れを記録していた。ローマの数字、葉形の指針、浮状表鏡のように、月相の表示もプラネフィノシリーズの典型的な特徴である。1984年のプラネフィノシリーズの創始表は、すでに月相表示機能を備えている。この時計は、90年代の末期まで、ごくわずかな数量で生産されています。この複雑な機能を、昨年はIWC万国表で再導入された。昨年のピットリストに続いて、IWC万国表には、今になって、その殻には縁のない簡素な腕時計が発売されています。パフィノ月相自動腕時計37(モデル:IW 49007)の殻は直径37ミリで、低調で贅沢な腕時計家族のスタイルが一致した。月に表示されるデザインはとても経典:月は時には雲の中にひらめき、時には星のきらめきの夜空の下に浮いている。12粒のピアスをつけたパールベナ盤が輝き、腕時計に魅力的なレベルを与え、シンプルなデザインスタイルをアピール。「まばゆい真珠・ベナが、20世紀50年と60年代に人気を集めている」として、IWC万国表設計創意総監のクリスティアン・ヌ(Christian Knoop)は、「当時のリゾート地のヒノンヒノノノの声の大きいスターが、真珠の貝殻から入手した素材が大好きだった」と説明した。私たちはこれらのスターの配飾からインスピレーションを汲み取ります。35 800型自動スクラップ機械のコアは、3巴防水に達したプラネフィノ月相自動腕時計37の動力を提供している。月の表示中の月の位置は、「2時」の調校ボタンで調節することができる。中央秒針は、表冠を通して停止することができます。また、腕時計には双面防光ブルーのガラス表鏡が付いています。緑色のワニの皮の表帯はSantoniが心をこめて製造します。このイタリアの有名な靴の靴はIWC万国表に独自に精巧で優雅な革の表帯を作ります。1本ごとに手をこめて作ったバンドは、独特の復古の外観と、それぞれ特色のある色合いで華やかな雰囲気を示しています。