宝の玉(BREGUet)貝殻の浮彫り工芸―腕間の冠は、女神になる

古代ローマの神話では、ビナスは主の司愛と美の女神で、同時に出産と航海を握っていて、彼女は愛護の海の海の泡で貝の中で生まれたと伝えられています。古来、貝殻は女性として、豊かなものに縁とつながりがあるようだ。15世紀後半、ルネサンス時代の画家ボトチェリーが、イタリアの名望米ディッチ家族の創絵になった名作「ヴィーナスの誕生」に、人の心の深いビナスの姿を作り、貝からティーンを招聘していた。絵の中のビナウスの体型は、黄金の比率ではなく、新しいプララグラフの理念の中で、美の本質は対称の割合ではなく、内在的な理想的な形成にあるからである。宝玉の女性は内包の趣に富んでいて、美学に対して非常に高い観察があり、内から深く輝きます。
最も原始的な女性のアクセサリーの一つとして、しなやかで自然な素材の質感が、女王たちの心を虜にしていた。極富の美学天財のフランス皇后メアリー・アントワネトトは、「ミューズの女神」と呼ばれたフシ皇后のヨサヴァン、そしてエレガントなナポリ王後カロリン・ミュラなども、浮彫りの珍品に酔う。イギリスのビクトリア女王は貝の浮彫りのアクセサリーに夢中になっていて、時には数件を身につけていた。同様に浮彫り芸術の波乱を助けようとするロシアの女皇ケサリン大帝は。通常、王后たちのジュエリー、ヘアスタイルは常にみんなのあこがれと議論を引き起こし、当時の女性のおしゃれなファッションスタイルになっています。このように、貝の浮彫りの市場需要は水の上がり船が高く、そこには浮彫りの技術師が興っている。

G – SHOCKの転覆としてMRG – G 1000を震撼させた全金属防振構造×GPS電波太陽光

1996年、かつて樹脂で実現された防振構造が、初めて全金属製で実現され、全金属材質防振時計G – SHOCK MR – Gシリーズが誕生した。カシオG – SHOCK PreMine Lineのトップクラスの傑作として、MR – Gは「大人になる男性向け、スーツのG」を開発理念とし、命名の際には非常に深い――MRが大人の男性を代表するMr .は、首文字Mも金属Mentalを代表する。G – SHOCKの「G」のアルファベットをバックに、G – SHOCKのブランド理念との一脈を示している。
MR – Gシリーズは、素材も機能もG – SHOCKの最高峰で、金属の美しさを彩る転覆作である。2015年3月20日、カシオはMR – Gシリーズの新型MRG – G 1000を発売し、GPS+電波受信の二重時間補正システムを全金属の防振表に搭載することに成功し、どこにいても確実に、より正確な時間情報を得ることができる。操作しやすくて、精度と強度を完璧に結びつけます。
GPS+電波は二重時間補正システムを受信し、GPS衛星信号の受信と標準電波(6局電波受信)の2つの異なる時間補正モードを表身の内に集合し、時間と夏の時の情報を迅速に解析し、世界の範囲内で時計の時間を精確にする。強力な太陽光駆動システムは、太陽光だけでなく、微弱な蛍光灯の源でも電気エネルギーに転化することができ、大容量の蓄電池に蓄積し、様々な機能の安定運行を保証する。

あなたの愛を表現した飛亜達幸福女の日の真情を表す

色とりどりの花が咲くのを待っていて、幸せで、日の光の下で好きな人と一緒に夢を築き、幸せで、一段の冷暖房が入り交じる時がゆっくり老けて、幸せで、幸せな女は一番美しい。ドルダはこの専属の女の幸福の祝日の中で、針の時間で城を見込んで、腕の間でロマンチックな真情を達成して、大声で彼女にあなたの愛を伝えます!
経典シリーズは幸福の名である
いつまでも衰えぬ作品があって、歳月の流れで消え、姿を保ちながら落伍した。それらは時間の試練を経て、依然として腕の上で輝いている。この腕時計は全体的なスタイルの経典、さまざまな場面で、ビジネスの場とレジャーの場に適しています。拡大したローマの字は、目立って復古し、はっきり読むことができます。鋼の青の宝玉針、古典的なヨーロッパのグリップ。間のバラの金色の表帯、ゆったりと腕を張って、復古のグリップを示します。この経典系の女表は時間の試練を経て、繁華な虚蕪の愛を破って、簡素で素朴な表現は「ときめき」の設計の上にある。
写真家シリーズ
一番好きな人は春に花見をして、美しい時計を送って、わずかに薄く、より長い。この腕時計の全体的なデザインはレトロカメラのレンズで、白、金色と赤の組み合わせが心地よく感じられます。表盤の全体的なデザインは、現代の光学レンズのスタイリングを再現しており、24時間小文字盤、秒針小文字盤とカレンダー窓との組み合わせが、ずば抜けて和やかである。ステンレスの間に黄色の金色の表帯設計は表輪と組み合わせて、上品で上品で、さまざまな場面で身につけやすい服装をしやすい。カメラマンのシリーズは、カメラマンがレンズを通して生活を発見したように、最も愛する人の感動的なところを発見したのは、間違いない表現だ。