三十になってポルノ7の作業を立てて、後感と心の歩みを使う

小弟はいつもあまり気をつけないで、機械の電子石英は何も気にしていません。何千元もの時計がすでに高尚なものだと思っていましたが、過労は暴発者のおもちゃにすぎないのですが、その価値が金石の飾り付けにあると思っています。
大学の二年生は、彼女(妻)と精工を買ってきて、1着10年、この精工は私にどれだけ苦労して仕事をしていた夜に、私の汗をつけて、最後の数年のカウントダウンが止まった。
着用していて、披露宴当日はそれをかぶっています。今まで引退してから私の引き出しの中でしっかり寝て、私の心の中で重要な地位を占めています。
機械表、IWCについて
たぶん5年前、私は初めて機械表に触れました。その時、同僚から5~6万香港元の値段でポルノだけを予約したと教えてくれました。私は見聞を聞いていました。彼は月給が2万人もいませんでした。何倍もの給料を買うのは本当に気が狂っています。並行しているのではないが、5万円で買うのはよくない。
それから彼はポルタをかぶって出勤して、その時私は第1目でもう少しで笑ってしまった。彼の弱った腕が食器のような大きなポルトガル七がどう見ても変なものだと思っていた。
しかし、IWCと機械表は私の心の中にこっそり種を植えた。ただ灌漑がなかっただけで芽が出なかった。これから数年、時計店を通って、IWCの姿に気をつけ始めた。会ったら、隣の彼女に「この時計はすごいね、5万一匹!」と伝えてみた。電気を替えないことを知っています。
そして、去年の初めに友達とネットでおしゃべりして、どういう話をしているかわからないけど、私はIWCというブランドに気をつけていました。雰囲気がよくないという感じで、彼もこのブランドが好きだと思っていました。私も気をつけていました。機械表の世界、ブランド、コアなどの知識が急速に増え、意識が多ければますます夢中になる。
万千のブランドの中で、常にIWCの気質が大好きで、それととても人気があると感じています。また、鮮明な製品シリーズもあります。ポルトガル、パイロット、海、波涛フィノとエンジニアにはそれぞれ特色があります。

ティソはティソから豪雅まで。次のステップは何ですか。

ずっと時計好きで、初めての戴表は5歳の誕生日だったはず。よく覚えているお母さんは、唐のアヒルを買った電子時計がバイオリンのクラスに来て、すべての小さな友達に時計のような満足感を持って来たのを覚えている。ははは
08年のお母さんは香港に行ってティソのレーサー516機械表を買った後にまた韓国から2番目のティソV 8とタイで第3元ティソT – TOUCHを収めました。時計に対する満足感が頂上に達して、もう十分だと思います。でも表壇に入るまでは時計が多すぎて、潜水表は腕時計の美的要求に満足しています。注目を集め始めた。出勤したので自分がお金を使って好きな腕時計を買っている前に黒水鬼海馬の海の宇宙を見て買うことができるのですが、今の状態のような気がします。長い間葛藤していた。最後に目標を考えるのは一つであろう。初めて北京に仕事をしていた私はお金を使っているところもありますが、多くの手にお金を持っていますか、それとも実際的なものではありません。二つ目の葛藤がまた始まった。購入地です。これから遊びに行って買いましょうという人も多いでしょう。しかし、みんなが中毒の味を知っているのは、思いつかない気持ちである。憧れの豪雅は偶然。これまでは波の潜水表を見ても、私のニーズに満足していた価格のスタイルを見ていたのですが、どうしたらニューヨーク東8番街の奇跡なのか、豪雅なダイビング表のページを開けてみた。これが私のほしいものです。水鬼に似ているのかもしれない。ははは。会社では突然、直接インターネットを使って公式店舗で連絡をしてしまった。車を9割引にすることができたのを知っていたら、王府井新東安の後の店に着いた。相談を経て85割引で相談するのは店員の態度もいい。大表箱と無料クリーニングをプレゼントしました
ブレスレットなどのサービス。いいでしょうというのは、安心と解毒の貴点を求めて、少し高いでしょう。カードの署名に署名して測定した時すべて忘れてしまった後に店のマネージャーが持っていたのが黒水鬼が久しぶりに綺麗すぎて話をしていた。とにかくお買い上げの過程はとても楽しいです。店員さんが遠慮なく送ってくれて、水鬼が好きなら、私たちのビルのコーナーに行ってみてください。そこで家を出て、入労屋に入る。その結果、お店の店員さんの冷ややかさは、私が豪雅を持っているのを見ていたかもしれませんが、買ったばかりの時計を買っても、彼の商売はできないと思っていました。そこで、いっそお尻をたたいて行ってみましょう。腕時計には貴賤の心がない
豪雅なこの競潜はやはりとてもきれいなアルバイト一流の残念なことです。でも、万事は完璧ではありません。表の良い表だけで十分なことは言うまでもない。

波ピアノの中国馬術の巡回試合の広州駅の総決勝は盛装で上演されました

「2014ロンジン中国馬術ツアー」(Langines China Tour)の総決勝は、広州黄村体育訓練センターで完璧に収まりました。スイスの有名な時計メーカーのロンジンの栄任は、協力パートナー、公式のカウントダウンと指定の腕時計で、「ロンジングランプリ」(Langines GrランドPrex)を見せ、イギリスの名将・マハ(Benマハ)が抜粋した。「2014ロンジン中国馬術ツアー」の広州駅総決勝は国際馬術連合会の場所障害の3つ星のレベルに達し、今回のツアーで最高の試合である。ロンジンも馬術運動のために生まれたプラチナシリーズの美しい時計を同時に示し、ロンジンと馬術運動は伝統、優雅さと優れた表現に対する共通の追求を讃える。
「2014ロンジン中国馬術ツアー」は、国内初の主要都市で開催されたトップの馬術試合で、国内での試合に出場する騎手と現場の観客の数が最も多く、通年は4駅(5月23 – 25日)、上海駅(10月24 – 26日)、成都駅(11月7 – 9)及び、広州駅総決勝(12月5~7日)。前の3回の試合の試合の試合の規格は国際馬術連合会の場所の障害の試合の2つ星の試合(CS 2 *)の水準に達して、広州駅の総決勝は3つ星の試合に昇格して、試合の通年の総賞金は人民元327万元に達します。
12月5日から7日まで、「中国馬術ツアー」の広州駅総決勝が、広州黄村スポーツ訓練センターで幕を開けた。ロンジンは「ロンジングランプリ」に重点試合を見せた。2012年のロンドンオリンピック大会のチャンピオンメンバー、現世界で15位のイギリスの有名な乗っ手・マハ(Benマハ)が国際騎手で優雅に登場し、追加試合で44.01秒ゼロの成績で「ロンジングランプリ」の優勝を獲得した。現在では、五輪決勝に進出した唯一の華人の騎手・林永信や、黄祖平や孫志文など国内のトップの騎手に乗って、同大会に参加しました。