小回りの腕時計こそ紳士の標準装備です。

豪利時Oristractanglarシリーズ561-7657-4704 M機械男子表
文字盤の幅は30 mmです。黒い長方形の文字盤にはローマ文字を時間の目盛りとして、大きな三針を時間の指針とします。6時の位置にカレンダー表示があります。長方形の文字盤の中で依然として目盛で1つの小さい長方形を囲んで、中心の位置を指針に残して、人の視覚を中心の位置にロックしました。透底表の背にはOris 561自動ムーブメントが搭載されています。文字盤は小さいですが、ムーブメントの一方の位置を共存させることができます。これは豪利な時の機械に対する堅持かもしれません。

コンスデンFreedierique Costant百年典雅シリーズFC-310 MC 4 S 34機械男子表
文字盤の幅は33 mmです。ここでの文字盤の美しさの表現はとても具体的だと言えます。ローマ文字の目盛りは円環形になり、針の周りを囲む。針が触れた周囲をワッフルで区切り、文字盤の中心を占め、最も目立つ12時の位置に透底設計を施しました。このようにして、針が12時に戻ると、下のムーブメントの動きが見られます。儀式的な感じが強い。茶色の牛皮のバンドとバラゴールドのステンレスの外形のシェルは色の体系を構成しています。高級で優雅な雰囲気を作り出しています。文字盤は小さいが、五臓がそろっていて、「小さくて美しい」という設定にぴったりです。

多くのブランドの小売業者を切断し、ウェブサイトのショッピングサービスを開設する。

ロイター通信によると、今後3~5年以内に販売ルートを完全にコントロールし、現在のマルチブランド小売パートナーをキャンセルしたいという。このアプローチは、最高経営責任者ヘンリー・ベンナミンによって統合プロセスと呼ばれ、この手段によって完全に統合された小売ネットワークを形成する。

多くのスイスの腕時計ブランドは、よりよくその流通ネットワークを制御するために行動を開始し、在庫の返送状況や灰色市場の妨害を回避します。歴代グループは全世界で1,123のブランドのブティックを経営しています。傘下でますます多くのブランドがネットマーケティングを開始しました。歴代グループの内部ネットワーク売上高は63%を占めていると報告されています。

彼も2019年までにネットショップを発売する予定です。今年は早い時期に、本納明氏は「電子商取引はある特定の時期に必ず出現しなければならない。どんな製品でも、どんな業界でも、仲介者が少ないほどいいと思います。生産者と消費者の間の関係が直接的によくなると思いますが、私たちはこのような統合を実現しています。また、本納明氏は、愛彼の特別版をネット上で独占的に発売する可能性があるとしている。

インターネットの購買ルートの導入は確かに一番便利です。しかし、三心の経験によって、多くの有名ブランドは我が国の公式サイトでのショッピング体験が非常に一般的です。場の一大の痛み、時には追加購入して支払ってすべて時間を使って、あります多くのこまごました登録の流れ。

彼のショッピングサイトはどうなりますか?

歴代グループは新しいCEOを任命し、報告書を発表する。

今日、歴代グループから重大なニュースが届きました。グループの最高経営責任者であるJ cer Lambertが最高経営責任者に任命され、すぐに就任します。また、年次会議では、グループが売上高が大幅に伸びたと発表しました。これは数年前の一連の悩み(例えば、高管流失など)の後、暦の峰集団が徐々に軌道に戻っていることを示しているようです。

新しく就任した最高経営責任者のLambertはかつて積家と万宝龍に勤めていました。以前、彼はアレクサンドグループで最高経営責任者として働いていたので、この新しい任命は意外ではなく、正常な昇進のようです。就任後、Lambertはグループの既存の投資ブランドを全面的に見て、ジュエリーと各種の新型業務を含みます。彼の管理範囲はグループの傘下のメーカー、ネット販売業者などの部門を含み、直接会長のJohan Rubertに報告しています。

年次会議では、歴代グループの報告によると、4月から8月にかけて、グループの売上高は固定為替レートで25%伸び、実際の為替レートで22%伸びた。この傾向の一部は、グループがYoox-Net-a-PorterとWatch finder.co.uk.を含む新規事業を買収したことによるもので、これらの事業は2018年5月1日と2018年6月1日にグループアカウントに合併されました。この二つのブランドを除いて、売上高は固定為替レートで10%増加し、実際の為替レートで7%増加します。

このレポートをもっと詳しく調べてみると、売上高の伸びぶりにヨーロッパは珍しい強さを見せています。28%増のアメリカ州は42%と非常に輝いています。これまで高度成長を続けてきたアジア太平洋地域は、今回は平均23%にすぎず、特に日本と中東はあまり力を与えず、成長率はそれぞれ13%と4%しかない。

このほか、この伸びはジュエリーメーカーの貢献によるもので、ジュエリーメーカーの売上は14%増という。