時を重ねてもタフさは変わらないPROMASTER

坂巻:パラショック機構自体は、その後の時計にも搭載されながら受け継がれました。そして日本で本格的なスポーツ時計を作ろうということになり、1989年に「アルティメーター」というモデルが登場しました。これは初代PROMASTERと呼べるもので、現在PROMASTERで使われているロゴの原型となるものも生まれました。

アルティメーターは、世界初の電子センサーによる高度計の付いた腕時計です。本体左側の部分に高度センサーが搭載されています。この特徴的なデザインは人気を集めました。

坂巻:さらに、アルティメーターとは別ラインで、タフさを追求したモデルとして1999年に「PROMASTER エコ・ドライブ スーパータフ」というモデルを発売しています。こちらは、ボディに窒化チタンを使用して耐傷性を高めた上で、光発電技術であるエコ・ドライブにより電池交換を気にせず使用できるモデルです。

ロレックススーパーコピー時計のブランド時計コピー通販です。弊店のロレックスコピー時計等のブランドコピー時計は送料手数料無料で、品質2年無料保証です。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏

ヘリコプターから落としても動き続ける「パラショック」がタフウォッチの原点

坂巻:1956年に発売された「パラショック」というモデルになります。腕時計は精密な部品が組み込まれた、非常に繊細な製品です。当時はちょっとしたショックで内部の機構が壊れてしまって、時計が止まってしまうということが多くありました。

時計は、時を刻まなければ意味がありません。そこで、シチズンでは時計の心臓部分である「ひげぜんまい」の心棒が衝撃で折れてしまわないよう、特殊な機構を開発しました。これがパラショック機構です。

── 外装を強くするのではなく、機構部分を衝撃に強くしたわけですね。当時、同じような耐衝撃性能を持つ腕時計というものはあったのですか?

坂巻:スイスのメーカーにはありましたし、国内のメーカーでもありました。シチズンは、それらの機構をさらに強化して、耐衝撃性能を上げたものを開発しました。

── 当時の資料を見ると、パラショックのプロモーションのために、ビルの上から落としたり、ヘリコプターから落としたりと、かなり派手な公開実験を行ったそうですが。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピー等ブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com

タフさを追求してたどり着いた新型「PROMASTER」

この11月、シチズンのPROMASTERシリーズに新しい仲間「PROMASTER エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150」が登場しました。その特徴はずばり「タフ」。あらゆる環境に耐えられるタフさを備えたPROMASTERです。

この「タフ」というキーワード、実はシチズンにとっては古い歴史があるそうなのです。一体どういうエピソードなのか? シチズン本社内にあるシチズンミュージアムにおじゃまし、探ってみることにしました。

インタビューに答えていただいたのは、シチズン史料室室長・シチズンミュージアム館長の坂巻靖之さん。今年6月にこちらの記事で、「PROMASTER アクアランド」とダイバーズウォッチの歴史について語っていただきました。今回もよろしくお願いします!

ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。連絡先:050-4560-1404。