【シャネルの工房へ行ってきた #3】高難度なムーブメントへのダイヤモンドセッティング

シャネルの時計製作は、1987年に発表された「プルミエール」に始まる。その30周年となる昨年、自社製ムーブ第2弾が搭載された。地板とブリッジとを大小の円を重ねて造作し、シャネルにとって重要なモチーフであるカメリアを表現。その円の中に香箱や歯車、テンプが収まり、円形のフレームで固定される今までにないスケルトン構造が創造された。機構はシンプルな2針。しかしキャリバー1.同様にデザイン先行で、歯車の位置やサイズが予め規制されていたことから、設計の難易度は極めて高かったという。また2005年にG&F シャトランに設けられた宝飾アトリエでは、地板のフレームにジェムセッティングする職人の姿があった。細く立体的なフレームにダイヤモンドを敷き詰める作業は、これまた高難度。最上級品質で、カメリアの花が眩い煌めきを放つ。

ジョージ・グラハムがクロノグラフの原型を開発

任意のタイミングでスタート/ストップボタンを押すことにより、特定の事象の経過時間を計測するストップウォッチ機能。この原理を考えたのが、17〜18世紀に活躍した英国人時計師のジョージ・グラハムである。「グラハム脱進機」と呼ばれる直進式脱進機を発明したことでも有名なグラハムは、1720年頃、クロノグラフの原型となる時間計測機構を考案。このシステムでは原理上、1/16秒単位で計測することが可能だった。しかし、時計の発展を妨げたくなかった彼は、特許を取得することなく、自らの発明を他の時計師たちに自由に使わせることを選んだ。1821年、フランス人のニコラ・リューセックが、文字盤にペンで経過時間を記録する機械を発明。ギリシャ語に由来し「時間(chronos)を記録する(graph)」という意味で「クロノグラフ」と名付け、翌年に特許を取得した。それでもグラハムの名は、クロノグラフの父として歴史にしっかりと刻まれている。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏

見栄えが悪いパーツを完全に隠す巧みな設計

上下を円弧状としたフレームの中に大小2つの円が支えるパーツが、宙に浮くように配置される。今年発表されたキャリバー 3.は、前出の“2”と比べ、輪列の配置はオーセンティックだ。ゆえに設計は容易……ではなかった。困難を極めたのは、リューズ機構だ。リューズには、巻き上げと針合わせとを切り替えるオシドリと呼ばれる機構が不可欠。パリのクリエイション スタジオは、その形状が美しくないから見えないようにと要望したのだ。そこで設計陣は、リューズの巻き芯に対し垂直に設置できるオシドリを考案。ベゼルの下に隠した。また主要な3つの歯車は、超精密加工が可能な型の中でメッキを積層するLIGAと呼ばれる最先端技術で成型。理想的な歯型を得て、高精度を実現した。美は最優先である。同時に高性能であることもシャネルは追求する。

ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。連絡先:050-4560-1404。

コルムのロングセラーウォッチ「アドミラル」にウッディな新作登場

インデックスを国際海洋信号旗で表現したコルムのロングセラー「アドミラル」。今回その新作として「アドミラル AC-ONE 45」から3種類が登場。船のデッキに用いられる天然チーク材を文字盤に採用しているため、色や質感などが唯一無二なのも魅力だ。写真はブロンズケース。自動巻き。チタンケース、SSケースもある。83万~145万円。

東京ミッドタウン日比谷の 「イシダ・ウォッチ・ガレリア」 に希少時計ブランドが集結

東京・新宿を本拠とする時計店BEST ISHIDA。現在、BEST新宿本店のほか、ISHIDA表参道、札幌のISHIDAN43°などを展開しているが、また新たな店舗「ISHIDA WATCH GALLERIA(イシダ・ウォッチ・ガレリア)」が加わった。
新店舗を構えるのは、今年3月29日にグランドオープンした東京ミッドタウン日比谷の3階。地下鉄日比谷駅に直結し、アクセスに優れる最新設備の大型複合施設での出店となる。
芸術とエンターテインメントの街・日比谷で、同日の3月29日にオープンしたISHIDA WATCH GALLERIAも、この街の雰囲気に合わせて“時の画廊(ガレリア)”をコンセプトに掲げる。店内は木材やレンガを基調とした落ち着いた内装で統一され、まさしくギャラリーのようなオープンかつ広々としたスペースで、ゆっくりと時計選びができるようになっているのがウレシイ。
また、品揃えも充実しており、ビジネスユースを中心に人気のハミルトンやグランドセイコーなど、国内外の約20ブランドがラインナップ。なかには「UNDONE(アンダーン)」「BÓLIDO(ボリド)」といった、国内ではほとんど流通していない希少なブランドも含まれる。もちろん、独自の3年間アフターサービス、60回までの無金利ローンをはじめ、BEST ISHIDA共通のサービスも提供。一度、訪れてみる価値は十分にありそうだ。

大阪 心斎橋にヴァン クリーフ&アーペルの旗艦店がオープン

東京の銀座本店に続く2店目の旗艦店は、御堂筋と長堀通の交差点、心斎橋の起点となる絶好のロケーションに位置し、地下1Fから地上2Fまでの3フロア、計636㎡と国内ブティック最大の広さを誇る。1Fはアルハンブラやペルレコレクションをはじめ、時計とジュエリーを総合的に展開。また2Fはブライダルコレクション中心で、地下1Fはイベントなどの多目的スペースとなる。外装は黒を基調にゴールドメタルを繊細に織り込み、内装の一部には西陣織を用いてほんのり和のテイストも。ハイジュエラーにふさわしい豪華な内容となっている。

バイヤー“イチオシ”! 男が身に着けたい

時計業界ではドレスウォッチさえも大きくなった。そこに異を唱えるのがラルフ・ローレン氏。

根っからの時計愛好家にして稀代のライフスタイルデザイナーである彼からすれば、「クラシックウォッチは小ぶりに限る」ということなのだろう。ケースサイズは32mm角しかない。これはアンティークウォッチ並みのサイズだ。しかも同ブランド専用のピアジェ製の超薄型手巻きムーブメントを搭載することで、ケースの厚みは5.7mmしかない。

ここまで端正を極めた時計だからこそ、ドレスアップした腕元によく似合う。ファッションはTPOを意識するべきだが、時計にもその考え方は当てはまる。この時計がドレスアップとは何たるかを教えてくれるに違いない。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。https://www.noob2016.com/

パーティ・シーンは、オシャレに着けくずせ!「TPO+遊」

昼ならディレクター・スーツ、夜ならタキシードというのが、フォーマルの正式な装い。しかし日本では「略礼装」となるブラックスーツで十分とされている。

しかし、ここに遊びを入れるとこうなる。ジャケット自体はベーシックなパターンだが、赤いベルベット素材にすることで一気に華やぎを増した。

パンツもタイトにまとめ、バイカー風のブーツを合わせる。ジェントルなトップスとのコントラストで、モードの緊張感を演出すると面白い。
1931年に発売され、"世紀の反転"と形容された稀代の傑作レベルソの初代モデルのデザインを、現在に復刻。ダイヤル上にブランド名はなく、ただ「REVERSO」と書かれる簡素なデザインも評価が高い。ケースバックはソリッドバックになっているので、パーティ中は裏面にすることで"時間を見ない"という演出も可能だ。

 

ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。連絡先:050-4560-1404。http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_1_1.html

スイス時計産業の救世主──ニコラス・G・ハイエック

スイスの時計業界を立て直した男が、ニコラス・G・ハイエックである。スウォッチの生みの親にして、スウォッチ グループの創設者である彼は、実のところ、時計産業とは無縁の世界からやってきた。

1928年、ハイエックはレバノンのベイルートに生まれた。スイス人と結婚した彼は、51年、スイスに移住。義父の会社でエンジニアとして働くようになった彼は、63年に、自らのコンサルタント会社「ハイエック・エンジニアリング」社を創設した。79年の時点で、ハイエック・エンジニアリングは300人の従業員を抱える、一大企業へと成長していた。

そんなハイエックに、スイスの時計産業がコンサルティングを求めてきた。その題目とは、どうすればスイスの時計産業を救済できるか、ということであった。当時クオーツ時計の登場で、機械式メインのスイス時計産業は瀕死の重態だった。

ハイエックは、70年代に開発された、薄型のクオーツムーブメントに着目。この設計を発展させる形で、安価なプラスチック製のクオーツウォッチを作り上げた。すなわち「スウォッチ」である。

ハイエックは、3つの点で他社に先んじていた。ひとつは、巨大な設備投資を行ったこと。彼はスウォッチを製造するために、全自動の生産設備を導入した。銀行も従業員も反対したが、この最新の生産設備によって、スウォッチの価格は驚くほど安価になった。

ふたつめは、巧みなマーケティングである。彼は時計の開発費以上に、マーケティングにコストを割いた。とはいえ当時のハイエックには、メディアに広告費用を払うほどの余裕はなかった。そこで彼は看板用の巨大なスウォッチを造り、それを世界中に展示した。同時に彼は、この時計がスイス製であることを強調した。

3つめは、厳格な品質管理を徹底したことである。他分野のコンサルタントに携わってきたハイエックにとって、時計産業の品質基準は実に甘いものであった。彼は品質を厳格にすることで、消費者の信頼を獲得するように努めたのだ。

スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー腕時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。http://www.ikebukuro777.com/