程良い内向性IWC万国ボータフェノ自動腕時計

万国の柏濤菲諾シリーズといえば、真っ先に思いつくのは簡単で古典的な外観であり、優雅で内向的です。柏濤菲諾シリーズのシンプルな外形と複雑ではない腕時計の機能は、万国ブランドの入門の礎とも言われています。おそらく万国の世界に入るには、柏濤菲諾が一番入手しやすいデザインです。
柏濤菲諾のデザインの起源は1953年にさかのぼります。当時の380型のデザインで、簡単な大三針、半涙滴式の時計耳は1984年に柏涛菲諾シリーズが正式に発表された前身です。第一弾の柏濤菲諾腕時計5251型に搭載されているムーブメントは、Cal:9521型の懐中時計ムーブメントで、腕時計のケースの直径が46 mmに達し、月相表示も行われています。しかしその後、柏濤菲諾シリーズのケースはサイズを縮小し始めました。
1988年には、万国ブランド成立120周年に当たり、精巧で気品のあるデザインの柏涛菲諾2532型モデルが発売されました。この腕時計は金質のケースで作られ、ローマ数字で配られています。同年、ハイブリッドタイプのCal.631型のムーブメントを搭載した柏濤菲諾3731型のモデルが登場し、そのタイミング装置は233個の部品から構成されているが、ムーブメントの厚さは3.8ミリしかない。1993年、IWCの万国時計は柏涛菲諾の手作り上鎖腕時計(モデル2010)を発売しました。その極薄芯の厚さは1.85ミリしかありません。このIWC万俵ファミリーの中で最も細い腕時計は2005年まで販売されています。2007年には、機械的なクロノグラフも柏濤菲諾腕時計シリーズに加入しています。

男の魅力のバロメーターが違うカルティエDrive de Carter

「手と心はつながっています。腕時計は時間をつないでいます。繊細で、スタイルも最終的には時間によってあなたに沈殿します。」張震の原因かどうかは分かりませんが、カルティエが手をつないで撮影したマイクロ映画「手」を見ていると、この言葉が心に染み込み、一気にDrive de Carterという腕時計が好きになりました。張震の上品で魅力的な外観の下で、彼とDrive de Carterのような蓄積と内面を見ました。腕時計モデル:WSNM 0004。
私達はカルティエが腕時計界でずっとファッションの先駆者であることを知っていて、風向標のような存在で、経典の殻型を形作ることが得意で、またその中で古典の元素に溶け込むことが好きで、ファッションを違った趣を演繹します。新たな「Drive de Carter」の発想は、アンティーク車のダッシュボードから生まれたものです。正直に言うと、多くの腕時計シリーズはアンティーク車や自動車の要素をもとに作られています。多くの腕時計の中から才能を現すことができます。ファッションと同時に、濃厚な懐かしさを感じさせます。これはまさに経典への畏敬であり、過去への礼遇です。

彼は天籟の音を奏でます。スーパータイムの時計の誕生を記録します。

今までの最高の腕時計のレベルを表す腕時計があるなら、それは間違いないと思います。この腕時計は8年にわたって研究開発を続けてきました。同時に時間、三問、陀飛輪の複雑な機能を持っています。この腕時計は軽量チタン金属のケースを採用しており、寸分も違わずに発声して時報を発信することができ、音響性能、音質にこだわり、正確な音調で表業の最高基準に達しています。