燃える欲望:有名人カプラン10006クロノグラフに関するコメント

スピードと情熱は、向上したいという皆の欲望です。なぜなら、これらの2つの要素を持つ人たちは、エネルギーに満ちており、前向きだからです。 ですから、改善するための速度と時間をよりよく把握する方法がこの問題の鍵です。機械に対する男性の固有の愛情と感受性により、電子タイマーを使用して彼を満足させたい場合、彼は間違いなく感じます 少しごめんなさい。 現時点では、正確なタイミングと美しい外観を備えた機械式クロノグラフ時計が必要ですが、今日紹介する主人公は、まだMercierのCaplanシリーズMOA10006自動機械式クロノグラフスピードウォッチです。

さまざまなスタイルのゼニスキャプテンウォッチがミキシングの魅力を強調

反逆の数年後、世界を驚異的なものにした多くのモデルがリリースされ、ゼニス(Zhenli)は再びブランドのエンドポイントをクラシックでエレガントな面に戻しました。 1952年に登場したキャプテンにインスパイアされた「司令官」の名前は、海を行く冒険と正確な航海を連想させます。優れたスキルを備えている場合のみ、キャプテンの名前を手頃な価格で入手できます。キャプテンは、海の知識のように世代から世代へと受け継がれているゼニス時計工場の美しい宝石でもあります。 2011年に再び登場したキャプテンシリーズは、元のキャプテンの外観の特徴を保持しています。プリンセススタイルのポインターと長い先細りのアワーマーカーが装備されており、少し懐かしさを感じさせます。ケースは40 mmに増えており、より代表的でくっきりしています。 「司令官」は精通していて有能だという感じですが、大人っぽさは感じません。新世代のキャプテンウォッチには、ゼニス自動巻きムーブメントが搭載されています。テクノロジーとタイミングパフォーマンスの点で、CaptainWinsor年間カレンダーウォッチ、パワーリザーブパワーリザーブウォッチ、デュアルタイムタイムウォッチなど、ゼニスウォッチファクトリーの優れた職人技が反映されています。 、そしてキャプテングランドデイトムーンフェイズラージデイトムーンフェイズウォッチは、「1ドア4マスター」と表現でき、スタイルとパフォーマンスは異なりますが、それぞれに魅力的な機能があります。

アドミラルクンルンウォッチ:メタルチェーンストラップ

金属製のストラップ、特にスチール製のチェーンストラップが好きです。多くの人は金属(一般的にはステンレス鋼など)にアレルギーがありますが、幸い私はそうではありません。革紐の方が柔らかくて履き心地が良いと思っている方も多いのですが、その逆で、磨き上げた金属紐が一番履き心地が良いと思います。金属製ストラップの靭性が好きですが、金属製ストラップが肌に触れると、ほとんどの革製ストラップに見られるような激しい汗の汚れという現象は通常発生しません。

スポーツスタイルの時計が好きなので、金属製のストラップが好きです。普段はロレックスを一番よく履いているので、「オイスターストラップ」は私の一番身近でお気に入りのデザインのひとつです。さらに、私のお気に入りのメタルストラップモデルには、パテックフィリップノーチラス、オーデマピゲロイヤルオーク、オメガコンステレーションなどがあります。ただし、一部の正規の時計や貴金属ケース付きの一部の時計では、アリゲーターストラップの方が適しています。金属製ストラップが好きなもう1つの理由は、金属製ストラップのリンクをストラップの長さに合わせて「微調整」できるため、より快適に着用できるからです。