静かに向かう旅行者カルティエファインウォッチメイキングワークショップ

2007年の設立当初から現在までを振り返ると、カルティエは着実にプレーを続け、中空のムーブメントからフローティングトゥールビヨン、天体からトゥールビヨン、コンセプトテーブルID One、タイミングからジャンプ、GMTから複数のタイムゾーンに至るまで、新しいアイデアを繰り返し提供してきました。永久カレンダーから今年のより実用的な年間カレンダー、はっきりした声の3つの質問、息をのむような複雑な懐中時計など、優れた作品は驚きと驚きに満ちています。カルティエは、わずか5年間、静かに仕事を続け、高級時計の分野で彼の欠員を1つずつ増やして改善し、素晴らしいショーを一から、観客の技術的なプレッシャー、そして4つの素晴らしいものに導きました。 1つを選択する必要がある場合は、カルティエの最初の時計が1世紀以上前に新しい時代を開いたのと同じ歴史的意義があるため、複雑度の高いスケルトンの懐中時計を選びます。

時計の時代には、500年以上の歴史を持つポケットに長い鎖をつないだ懐中時計を身につけ、特定の瞬間、バッグの中の宝物を儀式に出しました。連絡先。ルールを破りたいコレクターにとって、時間とやり取りする貴重な方法は何でしょうか?

パテックフィリップサイクロプス記念時計

パテックフィリップのCyclops Ref。3969の価格は高くなく、この150周年記念モデルの最終的な取引価格は3万ドルに固定されています。もちろん、ワンアイドドラゴン商品の別のブランドであるなら、そのような価格で販売されないかもしれません。しかし、パテックフィリップなので、完全に理解できます。 12時の時を変える時間帯がセールスポイントです。 OMEGAのモデルも似ている印象で、樽型のケースももちろん、それほど高くはありません。パテックフィリップの複雑なモデルがすでに少し視覚的な疲労を感じている場合、Ref。3969は単に良すぎて時計にはなりません。実際、鑑賞投資の問題をあまり気にする必要はありませんが、このような時計は出力が低くなりますので、パテックフィリップオークションに参加する力のある人は、自分で買うのがいいでしょう。金時計は常に時計業界のハイエンド製品の要素であり、結局、貴金属素材で時計を作ることは、各ブランドが製品ラインを位置付けるための重要な指標です。ただし、複雑な時計には貴金属が表示されます。一部の人々はかつて、金時計の「新興」精神が本土でのみ普及していると冗談を言っていましたが、実際、金時計はまだ芸術に近い作品があり、世界的に受け入れられています。

ムーンシャドースターエルメスアルソーグランデルーンムーンフェイズウォッチ

エルメスを一言で表現したいなら「詩」を使います。 エルメスは他のブランドの詩として存在しています。 慎重に味わい、時間をかけて理解し、何度も読んでその芸術的な概念を理解する必要があります。エルメスの時計はとても興味深いものです。

エルメスと多くのブランドの最大の違いは、エルメスは決して商品を販売するのではなく、情熱と夢を販売するということです。 エルメスは、革製品、アクセサリー、時計など、常に詩的な夢の魅力を示しています。 エルメスのシリーズでは、アルソーは乗馬と最も直接的な関係を持っています。 アルソーシリーズは、1978年にエルメスのシニアデザイナー、アンリドリニーによってデザインされました。あぶみの指輪に触発され、パリでのエルメスの最初のサドル製造のブランドの歴史を象徴しています。 上下の非対称ラグがこの時計の最もよく知られている機能であり、数十年後、このシリーズは時間よりもエレガントなエレガンスを醸し出しており、エルメス時計の最も代表的なシリーズになっています。