彼は6か月間、極秘情報をこっそりと移動し、歴史が彼のビジョンを証明しました

数年前、バックエンドの読者が「XX時計に1日あたりX秒の誤差があることは正常ですか?」のような質問を頻繁にしたことを覚えています。

テクノロジーの流れから対価学校への大きな流れですが、それは直感への回帰にすぎないと言えます。結局のところ、時計の必要性からアクセサリーへの移行が完了した後、時計の意味は厳密に機能から切り離されなければなりません。 しかし、これはテクノロジーが無意味であることを意味するものではありません。

多くの場合、それはテクノロジーがほとんどの人にとって理解するには退屈すぎるためですが、その背後にあるストーリーはしばしば印象的です。

数えるだけで、ゼニスの有名なエルプリメロムーブメントは今年で50周年を迎えます。この覇権の時代に、歴史上初めて統合された自動巻きコラムホイールクロノグラフムーブメントとして、 それは、時計製造の歴史において、信念を覆すのに十分な困難な時期を乗り越えたばかりです。

小豆島の芸術的意味である禅の意味

いわゆる「しあわせ」や「しあわせ」を追求する人が多いので、これがほとんどの人と言えないのかもしれませんが、人生でいわゆる「しあわせ」を追求したことはありません。 人生の谷やもつれがあるとき、誰にとっても最も一般的な快適さは、幸せな人生は良いので、人々はよく食べることと服装があなたを幸せにすることができると考えています。その後、私たちはしばしば幸福と幸福を追求した後でも、 その時に時々来る中空の感情的なショックを避けることは不可能です。

ロレックスからオメガの深海ダイビングウォッチ世紀へ

1世紀近く、ダイビングウォッチは長い道のり、正確には10,928メートルを歩んできました。 潜水時計の正確な時刻表示は常に潜水時計の基本的な目標ですが、長年にわたる技術の進歩により、潜水時計はより深い海底まで、さらに多くのことができるようになりました。

今年の5月、オメガは、シーマスターオーシャンユニバースウルトラディーププロのダイビングウォッチで、ロレックスディープシースペシャルプロトタイプウォッチの59年間のディープダイビング記録を破りました。 この記事では、深海潜水時計の歴史における重要なマイルストーンに戻り、そのデザインと機能の開発に焦点を当てます。