Audemars Piguet Royal Oak OffshoreLimited自動クロノグラフ

1993年のデビュー以来、Audemars Piguet Royal OakOffshoreシリーズは並外れたものになる運命にあります。 長い間、従来の丸いケースや長方形や正方形のケースは、私たちの印象にある時計の本質的な考え方です。 しかし、ロイヤルオークオフショアタイプは、確立されたデザイン仕様を破り、ブランドの象徴的なロイヤルオークシリーズのデザイン要素を再構築および再編成し、より男性的で寛大なスタイルを提示しました。 Audemars Piguetは今年も、新しくデザインされたRoyal Oak Offshore Watchを発売しました。この26401ROは、初めて茶色のセラミックベゼルを使用していますが、違いは何ですか? それから私たちは見下ろします。

男性向けに設計された機械製造とトレンディなデザインの組み合わせ

今年のバーゼルウォッチフェアで、CHANELは男性専用に設計された非常に威圧的な黒い時計を一般に公開しました。 シャネルが2016年にMONSIEURシリーズの時計を発表したとき、その意図は明確でした。「これは男性専用の時計です」。これは、シャネルの最高のファッションセンスのデザイントレンドと機械製造の本質を体現しています。 以下、この真新しいMONSIEURシリーズの時計を一緒に鑑賞しましょう。

テイスティングロレックス2019ニューグリニッジIIシリーズウォッチ

ロレックスの多くのシリーズの中で、グリニッジIIシリーズは常に少し特別でした。 サブマリナーシリーズを知っている人が多いのに比べて、見た目や性能に独自の特徴があります。 今年、ロレックスは隕石に面したグリニッジタイプIIを発売しました。ロレックスがこの素材とデザインを時計に使用したのはこれが初めてではありませんが、新しい時計には新しい動きとディテールが搭載されています。 対応するいくつかの変更も行われました。 その変更は何ですか? それから私たちは見下ろします。

コレクターを魅了するプラズマセラミックの光沢

「グラン・セコンド スケルトン プラズマセラミック」Ref.J003525542 282万7000円/自動巻き(自社製Cal.JAQUET DROZ 2663SQ)、毎時2万8800振動、68時間パワーリザーブ。プラズマセラミックケース(シースルーバック)、ファブリックストラップ。直径41.5mm(厚さ12.48mm)。3気圧防水
同社アイコンモデルに初めてスケルトンが加わったのは2018年。今年はケースにプラズマセラミックを採用し、現代的なアントラサイトグレーカラーをまとった。サファイア製ダイアルを通して内部まで見通せる。

高精度なマリンクロノメーター由来のコレクションが、よりラグジュアリーに

「マリーン トゥールビヨン エクアシオン マルシャント 5887」Ref.5887BR/G2/9WV 2560万8000円/自動巻き(自社製Cal.581DPE)、毎時2万8800振動、80時間パワーリザーブ。18Kローズゴールドケース(シースルーバック)、アリゲーターストラップ。直径43.9mm(厚さ11.75mm)。10気圧防水
一般的な平均太陽時の分針と、真太陽時での分を示す第2分針による均時差表示、永久カレンダー、トゥ―ルビヨンを搭載。これだけの複雑機構を、シンプルなスレートグレーダイアルに集約する力量はさすがブレゲといえる。

ブレゲ ブルーの文字盤に美しい装飾とムーンフェイズ

「クラシック 7137」Ref.7137BB/Y5/9VU 476万3000円/自動巻き(自社製Cal.502.3 DR1)、毎時2万1600振動、45時間パワーリザーブ。18Kホワイトゴールドケース(シースルーバック)、アリゲーターストラップ。直径39mm(厚さ8.65mm)。3気圧防水

ブレゲ ブルーに仕上げた18Kゴールドダイアルに、2世紀前の手彫り機を使って施されたギヨシェ装飾が見事。パワーリザーブ表示は編み籠模様「パニエ」、日付は「ダミエ」、ダイアル主要部は「クル・ド・パリ」をあしらう。弊店はスーパーコピー時計のN工場直販店です。スーパーコピー腕時計出荷品毎に厳しい検査が行われていますので、品質についてはご安心してください。

新開発のオイスターケースに新世代キャリバーを搭載

ダイバーズウオッチの大定番「サブマリーナー」については、もはや説明が要らないほど世に浸透している。時計に詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるだろうこのコレクションは、1953年に水深100mまで潜ることができる画期的なロレックス初のダイバーズとしてデビューした。http://www.poptokei7.com/brands/cate-3576/

早くも翌1954年には防水スペックを200mまで向上させたほか、派生形としてカレンダー付きの「サブマリーナー デイト」(1969年)のリリース、三重密閉構造によって強力な防水性能を可能にしたトリプロックリューズの装備(1977年)、高硬度なサファイアクリスタル風防の採用(1979年)、最新モデルと同等の300m防水の達成(1979年)など、サブマリーナーはダイバーズにおける数々の革新をもたらし、進化してきた。

ダイナミックなフルスケルトンダイアルで個性を主張

レイモンド・ウェイル「フリーランサー」Ref.2785-SBC-60000 36万8500円/自動巻き(自社製Cal.RW1212)、毎時2万8800振動、38時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(ブロンズベゼル/シースルーバック)、カーフストラップ。直径42mm(厚さ10.6mm)。10気圧防水
オープンワークを施したグレーダイアルから、肉抜きした自社製ムーブメントを鑑賞できる人気コレクションの最新作。主ゼンマイや輪列機構、ペルラージュ装飾も丁寧に仕上げられ、経年変化による味わい深いブロンズベゼルとカーフストラップを同系色で揃えた。

自社製ムーブメントのテンプの鼓動を眺めて楽しむ

レイモンド・ウェイル「フリーランサー」Ref.2780-STC-52001 25万3000円/自動巻き(自社製Cal.RW1212)、毎時2万8800振動、38時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)、ファブリックストラップ。直径42mm(厚さ10.6mm)。10気圧防水
セリタ社とのタッグから生まれた自社製キャリバーRW1212搭載モデルに、グリーンをまとった新バリエーションが誕生。ダイアルは外周をサテン仕上げとし、中央にクル・ド・パリ装飾を施す。そして6時位置の小窓からは、ムーブメントの心臓部といえるテンプの動作を鑑賞できる、特徴的なディテールを備えている。