リシャール・ミル「RM 71-02 オートマティック トゥールビヨン タリスマン」

プリズムのように多彩で贅沢な光、色とりどりのカラーストーン。2018年に発表されたブラックとホワイトの色調をもつRM 71-01に続き、最新作コレクション「RM 71-02 オートマティック トゥールビヨン タリスマン」がリシャール・ミルの世界を華やかに彩ります。本コレクションでは、70年代のエッセンスを称えた10種類のモデルがそれぞれ7本限定エディションで発表されました。

クラブカルチャーが流行し、エレクトロ音楽やディスコ音楽が生まれたこの10年間には、日が沈んでから豪華な装いをまとう夜の都会人が誕生しました。リシャール・ミルのクリエイティブ&開発ディレクターを務めるセシル・ゲナが再解釈したのは、ディスコ時代に隆盛を極めた自分を主張するスタイル。彼女はさまざまな面をもつ1970年代の文化を融合させることにより、光・音・色の効果を表現しました。当時のヒット曲の今にも踊りだしたくなるようなリズムやスタジオ54の劇場の装飾、そしてラメやラインストーン、スパンコールの煌めく光を組み合わせたファッションも忘れてはなりません。10本の時計が、それぞれ独自の力強さと美しさをはっきりと示しています。弊店はスーパーコピー時計のN工場直販店です。スーパーコピー腕時計出荷品毎に厳しい検査が行われていますので、品質についてはご安心してください。

日本限定モデル、ブルガリ「ルチェア スケルトン アルバ」が誕生

このたび、ブルガリの「ルチェア (LVCEA)」(“光”を意味するイタリア語の「ルーチェ」とラテン語の「ルクス」からインスパイアを受けたコレクション名)コレクションより発表された日本限定モデルが、イタリアを愛する日本に眩いばかりの光を与えます。イタリア語で「夜明け」を意とするアルバ(ALBA)と名付けられた「ルチェア スケルトン アルバ」は、太陽の光に照らされたローマの首都とモニュメントを表現しています。

「ルチェア スケルトン アルバ」は、ホワイトのマザー オブ パールとダイヤモンドをあしらい、洗練を極めたスケルトンのダイアルに仕上げられています。ローマの時のジュエラーと呼ばれるブルガリが満を持して贈る艶やかさが際立つ日本限定モデルは、ローマのゴージャスな光を讃えています。

「ルチェア スケルトン」はエレガントなラウンドシェイプのタイムピースとして知られています。コレクション名の「ルチェア」はラテン語で光を意味し、オープンワークと軽快なデザインが特徴です。新作の「ルチェア スケルトン アルバ」は、プレシャスストーンや希少な素材に対するジュエラーの揺るぎない情熱を伝えます。ベゼルとリューズはピンクゴールド製で、リューズにはカボションカットのピンクストーンがセッティングされています。ダイアルはオープンワークのスケルトン仕様で、スイスにあるブルガリのマニュファクチュールにて手作業で作られた精巧な 自社製ムーブメント キャリバーBVL 191SK機械式の有機的な動きが見て取れます。NOOB製の【Chanel】シャネルコピー|シャネルスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]