ベルナルド・レデラー セントラル・インパルス・クロノメーター

「解析」記事をお送りした、ベルナルド・レデラー(Bernhard Lederer)、セントラル・インパルス・クロノメーター・エスケープメントを搭載したセントラル インパルス クロノメーター。
上記の記事を書いた後、メールにてベルナルド・レデラー本人にコンタクトを取ることができ、私の記事を「確認」してもらうことができました。

その結果、「もちろん(日本語は)読めませんが、表示されている画像やディティールはすべてのコンポーネントの機能をよく理解していることを示しています。」(Of cause I can not read, but the images and details that you show indicate me that you have a great understanding of the function of all the components.)というありがたいお言葉を頂くことができました。
裏付けができましたので、ご安心して読んでください。ショップ情報(NO.1) –wshop2345時計店

CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲより、「グランドソヌリ カリヨン スーパーソヌリ」

スイスのオートオルロジュリー マニュファクチュール、オーデマ ピゲはCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ コレクションにグランドソヌリ カリヨン スーパーソヌリの5ピースを加えました。
それぞれにアニタ・ポルシェのアトリエが制作したオーダーメイドの独創的なエナメルダイヤルが施さされています。これらの洗練されたウォッチは、常に新たな技術をとり入れながら世代を超えて伝統のクラフツマンシップを大切に守り育ててきた人々へのトリビュートでもあります。

ソヌリウォッチは14世紀、ダイヤルのない時計が時をチャイムにより告げていた時代の計時システムにさかのぼります。オーデマ ピゲは1875年の創業時からソヌリのメカニズムを得意としていました。複雑なグランドソヌリ、プチソヌリ、ミニッツリピーターなどのメカニズムを今日まで製造し続けています。
今日オーデマ ピゲでは片手で数えられるほどの少数の熟練時計師たちがグランドソヌリの組立と調整を行っています。グランドソヌリはオートオルロジュリーの歴史の中で最も洗練されたコンプリケーションの一つとされています。ショップ情報(NO.1) –wshop2345時計店