いったい「くろのぴーす」とは何者なのか?

「宇宙の回転と音に魅せられた腕時計コレクターです。腕時計コレクターのルーツとなっているのは、幼少期に憧れたロボットです。時計を、まさに音を発しながら時を刻むロボットに見立てて収集しています。
70年代のLED時計から、独立時計師による近代の超高級機械式時計まで、約500本以上にも及ぶ幅広い腕時計を、独自の哲学に基づく“宇宙の回転”をテーマに集め続けています」

と紹介されている。そのコレクションの片鱗はTwitterやinstagram等でアップされており、私たちWNのようなメディアとは異なる形で腕時計の魅力を発信。同時に、同氏は1年ほどで時計ケアグッズの定番となった「クリスタルガード・クリスタルアーマー」のアンバサダーに就任し、自らのコレクションの一部である高級時計にクリスタルガード・クリスタルアーマーを積極的に用いて、その有効性を実証してきたのである。一生ものの時計ならば日々ケアしたいと思うのは至極当然。一方で、大切な時計と相性の悪いケアグッズで時計に取り返しのつかないダメージを与えてはもとも子もない。そんな不安を、くろのぴーす氏は身をもって体験、発信することで払拭したのである。

気品あふれるドレスウオッチの男女兼用サイズ

ドレスウオッチのシンボル「デイトジャスト」の31mmモデルに加わった新バリエーションの中でも、とりわけサンレイ仕上げの「ミントグリーンダイアル」と名付けられた文字盤のモデルに人気が集中している。その理由として考えられるのが、レディス用サイズとしての位置付けながらも男性が着けても違和感のない大きさであること、スタイリッシュなグリーンの色合いであること、そしてロレックスのブランドカラーが緑であることなどが考えられる。ゆえに、価格比較サイトで検索するとプレミアムプライスとなっている模様だ。

前述したように本機はレディス向けであるものの、近年は直径の小さい腕時計のニーズが高まっていることも手伝って、今後もダイアルの種類によっては品薄状態が続いてしまう可能性があるだろう。「ミントグリーンダイアル」を筆頭に、同じく5連式のジュビリーブレスレットがセットされたダークグレーダイアルや、3連式オイスターブレスレットタイプのローマ数字インデックスのホワイトダイアルは、男女シェアも可能で需要が伸びそうである。